2019/10/19~12/1 第60回松阪市美術展覧会・はにわ館開館15周年記念特別展について

三重県のイベント情報


2019/10/19~12/1 第60回松阪市美術展覧会・はにわ館開館15周年記念特別展について3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年10月19日 ~ 2019年12月1日

はにわ館

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

松阪市文化財センターは、令和元年10月19日(土曜日)から12月1日(日曜日)まで、第60回松阪市美術展覧会・はにわ館開館15周年記念特別展『松坂を愛した稀代の画家 曽我蕭白』を以下のとおり開催します。

 曽我蕭白は江戸時代中期の画家であり、その画風は今日、国内だけでなく世界で高く評価されています。
その蕭白と松阪の関係は意外と深く、生涯で少なくとも二度松阪を訪れ、滞在をしています。
その足跡は松阪市内の寺院や市の周辺域に多く残されていることから、身近な地域に残る曾我蕭白の作品を展示し、松阪とのかかわりについて紹介します。

 また、開催期間中には、講演会やミュージアムトークなどのイベントも行います。

 皆さま、是非この機会にはにわ館にお越し下さい。ご来館をお待ちしています! 

【催物名】 はにわ館特別展『松坂を愛した稀代の画家 曾我蕭白』 

【期 間】 令和元年10月19日(土曜日)~12月1日(日曜日) 9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

【場 所】 はにわ館第2展示室

【入館料】 350円(18歳以下は無料)  ※20名以上は団体料金につき1人280円

【休館日】 月曜日、祝日の翌日(但し、10月21日・23日・11月24日は開館)

【関連イベント】

 ・講演会 「曾我蕭白の伊勢地方遊歴を追う~松坂を中心に~」
  講師:山口 泰弘さん(三重大学教育学部教授、松阪市文化財保護審議会委員)
  11月16日(土曜日) 13時30分から15時00分(受付13時00分から)/松阪図書館講座室 ※先着順 定員60名 無料

 ・ミュージアムトーク 10月19日(土曜日) 13時30分~14時30分/第2展示室
  学芸員による展示の説明を行います。

 ・ワークショップ 「墨絵を描こう・とんぼ玉付き勾玉をつくろう」
11月4日(月曜日・振替休日) 10時00分~15時30分(受付15時00分まで)/第3ギャラリー ※参加費 各300円

 ・特別公開 国指定重要文化財「唐獅子図」「獏図」「鳳凰図」
10月25日(金曜日)~11月10日(日曜日)/朝田寺(松阪市朝田町) ※拝観料400円

 ・期間限定公開 三重県指定有形文化財「雪山童子の図」(継松寺蔵)
11月12日(火曜日)~11月24日(日曜日)/はにわ館第2展示室

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的インスタ映え,伝統民俗,私は芸術が好きだ
最寄り空港/駅紀勢本線 松阪駅 (約1.3km) Google Transit