11/19~11/20 えびす講

群馬県のイベント情報


11/19~11/20 えびす講3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年11月19日 ~ 2020年11月20日

桐生西宮神社

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

例年とは開催日程が大きく違いますのでご注意ください。
・市街地の交通規制はございませんので、露店の出店も取りやめとなります。
・縁起物(お宝)のお店は境内に出店がございます。
・恒例の福まき、歌謡ショー、えびす招福くじ、FM桐生中継ブースは取り止めとなります。
・招福えびすくじの抽選は来年(令和3年)に持ち越しとしますので、大切に保管して下さい。
・鈴緒(すずお)の使用、手水舎での柄杓の使用は控えます。
・ご奉納は随時受付、昇殿参拝は予約受付となります。
---------------------------------------------------------------------------
足袋とコタツはえびす講から、とも言われる冬の風物詩「えびす講」は、桐生を語る上で欠かせないイベントのひとつ。
11月19日が「宵祭り」、20日が「本祭り」オールナイトの恵比寿講は、西宮神社の例祭として有名、市内外一円から20万人余の参拝客がおとずれます。
神社への参道と周辺の道路には、きらびやかなオタカラやクマデ、あるいは、食べ物を売る露店が数百軒(およそ700軒とも言われている)も立ち並び、商売繁盛を願う多くの参詣者により恵比寿通りは歩くのも困難な程の賑わいをみせます。
西宮神社は西宮神社(兵庫県西宮市)の関東における唯一の直系分社として「関東一社」を名乗る事を許された格式ある神社。
本社とかわらぬご加護を求めて関東一円から集う善男善女の列に加わってみてはいかがでしょうか?

場所 西宮神社
住所 桐生市宮本町二丁目
期日 毎年11月19日・20日
主催者 西宮神社
交通 JR両毛線桐生駅より徒歩で約10分

お問い合せ
桐生市観光交流課 電話:0277(46)1111 内線566
西宮神社 電話:0277(22)4395

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的パワースポット,伝統民俗,友達に自慢できる,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅桐生駅 (約1km) Google Transit

口コミ

4.01 年前

群馬県桐生市宮本町2丁目1ー1
毎年11月19日、20日に開催される
恵比寿講、開運、商売繁盛の神社のお祭りで
大勢の人で賑わいます。御宝は商売をしている方々が購入されて祀ります。金運のお守り等は
神社の参拝の後購入する人たちがいます。また
福まきも時間でしています。露店もかなり出ています。是非恵比寿講で参拝してみて下さい。
2020年度恵比寿講は、11月14日から20日まで開催されます。コロナ禍の今年は、出店が出なくなったそうです。参拝と、お宝の購入です。

1.011 か月前

今年は、銀杏も散ってコロナ対策で賑わいもなく屋台もなく淋しい恵比寿講でした。

4.012 か月前

毎週末、散歩がてらお参りに行ってます
いつもは11月19、20日がえびす講でにぎわいますが、今年はコロナ禍のえいきょうで14日から20日まで一週間の分散参拝してます

3.01 年前

関東一社 桐生西宮神社
御祭神 蛭子大神(恵比寿様)

由緒
桐生西宮神社は、延喜式内上野十二社の一社美和神社の御祭神が大国主命である関係から、明治三十四年(1901)十月摂津西宮神社の御分霊をいただき商業、工業、農業、交通、海運、漁業等に霊験あらたかな蛭子大神(恵比寿様)を、桐生ヶ岡公園に接する古木生い茂る美和神社の荘重な神域にお祀りした神社です
此の西宮神社を関東一社と言う理由は、蛭子大神を御祭神とする神社は桐生だけで、各地の恵比寿様は国土開発等に御神徳のある大国主命又事代主命をお祀りした神社であり、御祭神の相違から区別されて関東一社と称せられています
(境内案内板より)

桐生ゑびす講
桐生西宮神社の秋の例祭として、毎年十一月十九日、二十日に夜通しで開催されます。
桐生西宮神社が勧請された明治三十四年(1901)から続いています。日本の近代化推進の一翼を担う織都桐生の繁栄や、日々の暮らしの安寧を求めて始まりました。
参道となるゑびす通りや周辺の山手通りには多くの露店が連なり、縁起物のお宝や熊手を求める人の波で賑わいます。
(境内案内板より)

5.011 か月前

毎年えびす講で行ってます。静かな佇まいで斜面にある階段を登りお参りする形になってます。今年はコロナ禍で静かなえびす講になりましたが来年は活気ある祭になるよう祈るばかりです。