2020/11/21~12/6 錦秋の玄宮園ライトアップ

滋賀県のイベント情報


2020/11/21~12/6 錦秋の玄宮園ライトアップ3.8

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年11月21日 ~ 2020年12月6日

玄宮楽々園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

夜の静寂を縫って幻想の時空へ…… 。
彦根城の北側に位置し、井伊家4代当主直興が延宝5年(1677年)に造営した池泉回遊式の大名庭園「玄宮園」は、中国唐時代の玄宗皇帝の離宮をなぞらえたもので、江戸時代初期の庭を現代に伝える名園。
大きな池に突き出すように建つ臨池閣(りんちかく)、鳳翔台といった建物のほか、池の周りには中国洞庭湖(どうていこ)の瀟湘八景(しょうしょうはっけい)にちなんで選ばれた近江八景を模し、竹生島や沖の白石を表現するために樹木や岩石も配置されています。
「蓬莱山」「武蔵野」「魚躍沼」など園内各所に名前がつけられ、それぞれの木々が赤や黄の化粧をし、その姿を水面に映す姿には真に息をのみ、引きずり込まれる様な美しさを見せます。
紅葉の季節ならではのライトアップで、名園玄宮園を心ゆくまでお楽しみください。

期間
令和2年(2020年)11月21日(土)〜12月6日(日) 18:00〜21:00(入場は20:30まで)

参加料:大人700円 小・中学生350円
昼間にお買い求めになられた彦根城・玄宮園観覧券では入場することはできませんのでご注意ください。
会場:名勝 玄宮楽々園

期間中は園内をライトアップしております。
夜間特別公開は玄宮園のみです。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的世界遺産,友達に自慢できる,夜景,紅葉,観光名所
最寄り空港/駅彦根駅 (約1.1km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

ここを見学しながら回って、何だかすんなり腑に落ちて思ったこと(笑)

これくらい庭が広く、手を掛けていたら、よくドラマや時代劇でやっている「お庭の紹介をば。ささ、どうぞこちらへ」などと言いたくなるな。

まぁつまり、もし、ここが自分の家の庭だったら、そんなことを言って自慢したくなるくらい感動した。それくらい素敵なお庭に、私は感じた。そういうことです。

伝えづらいのですが、その感動も"すごーい!わー!きゃー!!"っとしたものではなく、"じわー"っときて、あれ?私、実は感動してる…のか??という感じです。
THE和だからか、日本人魂を揺さぶられた?訴えかけられた? 侘び寂びって、こういうことなのかな? 疑問符だらけになるくらい、不思議な感覚でした。

5.01 か月前

(改正1)
訪問日は雨でしたが江戸時代から伝わる庭園です。
晴れてれば良かったと思う。
大名庭園ですねえ。御存知と思いますがあ。
投稿者も城🏯見学が好きで、今のデジカメではありませんが、全国をあるいた合間にフィルムにおさめ現像をしました。
東京の(六義園)もいきましたが、春、夏、秋、冬と(大名庭園)は、静かに散策し、お茶を戴くのも一考ですが。
日本庭園は趣があって、四季取り取り良いですねえ。❗
都会の騒々しさを忘れさせてくれます。
これからを各地の大名庭園は遺さないといけないと考えます。
戦災で破壊されていないがありますからねえ。🙏🙏❗

5.02 か月前

彦根城のチケットとセットになっている玄宮園ですが、せっかく彦根城まで来たら是非一緒に見てほしい。園内はよく整備された和風庭園になっていて、池や築丘があってさまざまな角度から見て楽しめます。
また、園内から見える彦根城が良い感じです。遠目に見えるだけでなく、水面に映る彦根城を見ながらのんびりするのもなかなかのオツな感じ。
他にもありますが、城に併設されている庭園はいいところが多いですね。

4.01 年前

日本には天守が国宝に指定されている城は5つ。
その一つが彦根城です。(天守・附櫓・多聞櫓が国宝に指定。)

昔のままなので、エレベーターなんてありません。
天守に登るのは全て階段です。最後の階段は細くて
角度も急で高齢者には厳しいかも知れませんね。

玄宮園は彦根城の袂にあって、入場料は彦根城とセットに
なっています。厳格な佇まいと洗礼された庭園との
マッチングは来るものを圧倒させます。

四季を通じて綺麗ですが、春の桜と秋の紅葉は
是非ご覧ください。特別の一日になると思います。

4.01 か月前

古来、日本庭園と言われるものには数々の様式がある。飛鳥時代に大陸から伝来した文化の一つが現代に継承されている。

平安時代:寝殿作りの御殿に伴う大きな池が作られ浄土の世界を示すものが多い。例:平等院、平泉毛越寺

鎌倉・室町時代:石組を多量に使い「禅」を表現したもの。応仁の乱以降は特に枯山水が多い傾向あり。
例:苔寺、金閣寺、瑠璃光寺

安土桃山時代:特に権力を象徴するものが際立つ。
例:二条城、醍醐三宝院

江戸時代:池の周囲に書院を置き、回遊式庭園(玄宮園など)となる。

シンプルな茶室などを置き、茶を介して個人同士の関係強める為に設けられている。
ここ玄宮園はその為に、素晴らしい景色と静けさを介して茶と共に親しめる。