2019/11/20~12/12 六義園 紅葉と大名庭園のライトアップ

東京都のイベント情報


2019/11/20~12/12 六義園 紅葉と大名庭園のライトアップ3.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年11月20日 ~ 2019年12月12日

六義園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

六義園(りくぎえん)は、五代将軍徳川綱吉の側用人・柳澤吉保によって造られた和歌の趣味を基調とした「回遊式築山泉水」の大名庭園。
江戸時代を代表する二大大名庭園の一つで国の特別名勝に指定されています。
11月下旬の見頃になるとイロハカエデ約400本の他、ハゼノキやイチョウなど計約560本が庭園を鮮やかに彩り、山や池が配された園内のいたる所で紅葉が楽しめます。
特に園の西、水香江あたりの紅葉が見事です。
また、11月20日(水)から12月12日(木)にかけてライトアップを実施。
光に照らされた紅葉や石組みが大泉水の水面に映し出され、日中とは異なる幻想的な六義園になります。

紅葉と大名庭園のライトアップ
期 間 : 令和元年 11月20日(水)~12月12日(木) 
      9時~21時(最終入園は20時30分)
ライトアップ:日没~21時
       期間中はJR駒込駅から徒歩2分の染井門を開門し、開園時間が21:00まで延長されます。
       ただし、16:30以降は安全確保のため立ち入りを制限するエリアがあります。
入園料:300円(65歳以上150円、小学生以下と都内在住、在学の中学生は無料)
交通:JR山手線駒込駅から徒歩7分

庭園ガイド ※荒天時中止の場合あり
 時間:各日11時、14時(各回60分程度)
 内容:庭園ガイドボランティアの案内で、紅葉の季節ならではの園内散策をお楽しみください。
 集合場所:サービスセンター前及び染井門売札所前
 参加費:無料(入園料別途)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的アクセス良好,夜景,紅葉,観光名所
最寄り空港/駅駒込駅 (約0.4km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

歴史と四季を感じることができる日本庭園。
地元の方や海外の方も多く訪れていました。
園内に茶屋や売店もあるのでお茶や軽食が取れます。
また、年間パスポート1200円であるので、頻繁に訪れたい方にオススメします。
大きなしだれ桜が有名です!

5.02 か月前

いつ行っても、どんな天気でも、どこを切り取っても本当に美しい庭園です。池のほとりの茶屋でお抹茶をいただきつつ、のんびり湖面を眺めるのは、なかなかに幸せです。瀧見茶屋から小さな滝を眺めるのもまた格別で、こちらも時間が過ぎるのを忘れる美しさ。
花の頃や紅葉の頃も良いですが、新緑の季節が、美しい緑が湖面に映えてお勧めです。
広すぎず、狭すぎず、手入れが行き届いたお気に入りの庭園です。

4.03 か月前

桜や紅葉、積雪の日は雪の庭園を楽しめます。
花見や紅葉狩りの時期には駒込駅や六義園門前に見頃が張り出されています。
期間限定で夜桜ライトアップもやっていてとても綺麗です。
庭園には休憩処があり、お茶やお茶菓子、お土産も売っています。
お茶とお茶菓子が美味しいのでお勧めです。

5.02 か月前

リクギエンをムツギエンを呼び続けていた私。六をリクとは読まないところが不定な日本語の難しさ。名前と地名は当事者に聞かなきゃわからないと痛く思わされた。
さて、六義園は冬の季節。花は椿、梅とわずかに咲いており、日差しの良い冬は長閑で暖か。東屋で茶をいただく贅沢なひと時でした。

1702年、川越藩主柳澤吉保が造り上げた回遊式築山泉水庭園が六義園である。

5.05 か月前

広大な敷地で景色や木々の美しさは、とてもステキです。紅葉時期にライトアップされますが、土日はたくさんの人でごった返し、園に入るのも行列。できるだけ早めに入り、広大な園地を休みながらゆっくりと回れば、十分にライトアップまでの時間調整をできます。昼の景色と夜のライトアップした景色を見比べる楽しみもあります。