2020/2/8~2/9 上杉雪灯篭まつり

山形県のイベント情報


2020/2/8~2/9 上杉雪灯篭まつり3.9

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年2月8日 ~ 2020年2月9日

山形県米沢市丸の内1-4-13

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

山形県の南部に位置する城下町、米沢市。
東は奥羽山脈、南は吾妻山系に囲まれていることから例年の最高積雪深は1mに達するほどで、道路脇の雪の壁は2mを超える雪国です。
雪を使った演出が美しい「上杉雪灯篭まつり」は、上杉神社の境内と米沢城址である松が岬公園一帯を主会場に、毎年2月の第2土・日曜に開催されます。
寒く厳しい雪国の冬を暖かなオレンジ色の炎で包み込むこのお祭りには、祈りの心が込められています。

「上杉神社参道」に約300基の雪灯篭と約1,000個の雪ぼんぼり(雪洞)に灯がともる幻想的な冬の景色はまるで別世界。
そのほかに、地元の高校生たちがデザインを担当し制作しているキャンドルゾーンはキャンドルやカラーメガホンによって、存在感のあるキャンドルタワーと鮮やかでカラフルなキャンドル世界です。
前日のプレ点灯式と、翌日の本番をあわせて全国から約18万人以上もの来場客を迎えます。

ちなみに鎮魂祭、テント村物産展、ステージイベント見どころいっぱいです。
「テント村物産展」で食べ物やお土産などを販売する屋台が45店並び、米沢らーめん、鍋や牛串焼、玉こんにゃくなど地元の名物はもちろん、米沢と交流のある各地から美味しいものが大集結します。

会場内のオープンステージで開催されるステージイベントでは、幻想的な雪景色を前に素敵な演奏、パフォーマンスが繰り広げられます。
メイン会場の松が岬公園から徒歩5分程のところにある西條天満公園では「竹あかり」を設置します。
竹に開けられた穴から灯りが漏れて情緒あふれます。

名称:上杉雪灯篭まつり
会場:山形県米沢市丸の内1-4-13(上杉神社境内・松が岬公園一帯)
開催日:2020年2月8日(土)・9日(日)11:00~21:00
※両日とも17:30~点灯 ※雪灯篭プレ点灯2月7日(金)17:30~
料金:入場無料(テント村での食事等は有料)
交通:会場には駐車場がないため、米沢駅、米沢市役所または道の駅米沢(予定)からのシャトルバス(有料)を利用。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

MOON CHILD さんによる写真ACからの写真

http://yukidourou.yonezawa-matsuri.jp/about/

目的グルメ,夜景,家族向け,日本の冬を感じる場所,神社・寺,観光名所,食べ歩き
最寄り空港/駅米沢駅 (約2km) Google Transit

口コミ

4.011 か月前

会場に駐車場はありませんのでご注意を。米沢市役所または道の駅米沢が駐車場無料解放されてます。そこから200円で会場までバスがでてますのでそちらをご利用ください。
お祭りならではの屋台とテント村は地元の企業さんたちが出展してるのでご当地メニューもたくさんたのしめます!

4.01 年前

上杉雪灯篭祭りの前日に米沢を訪れました。高校生をはじめ皆さん、最後の準備で大忙しでした。残念ながら祭り本番は観られないまま帰京しましたが、幻想的なイメージは十分想像できました。
次回はぜひ祭りに合わせて、米沢を訪れたいものです。

5.01 年前

年々降雪量が減ってきて雪灯籠を作るのも大変だそうです。温暖化の影響なのかな~💦💦
上杉神社前から伝国の杜までたくさん作られ、また、伝国の杜前には小さい灯籠が何百個?何千個??という灯籠?(こちらはカップにロウソクを灯してる)が出ていてスゴくキレイです◎
雪灯籠には作成者(会社や学校や団体など)の表札もあり、それも見ながら楽しんでます♪
伝国の杜のまん前では氷の彫刻も並べられており、凄腕な技術が見られます!!
夕方の点灯式後の雪灯籠はスゴくキレイで必見ですよ♪♪
こちらに向かうまでの沿道にもいくつか灯籠や小さいかまくらに火を灯してるところがあり、米沢一体がキレイに輝いてるようです♪
ロウソクの火って見ていても癒されますね◎

5.010 か月前

食べ物、飲み物(酒類)が豊富。
雪灯籠よりこっちがメインになってしまいました。
食べたものは
米沢とろべこ鍋、岩手の焼き牡蠣、蒸し牡蠣、焼き鳥、米沢牛筋煮込み。

4.011 か月前

会場へは、米沢市役所の駐車場からの
シャトルバスを利用が便利です。
また、道の駅米沢からもシャトルバスが利用できます。
詳しいことは「上杉雪灯篭まつり」で検索をお願いします。(_ _)