2020/1/18~1/19 伊手熊野神社蘇民祭

岩手県のイベント情報


2020/1/18~1/19 伊手熊野神社蘇民祭3.4

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年1月18日 ~ 2020年1月19日

伊手熊野神社 岩手県奥州市江刺区伊手角屋

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

伊手熊野神社で行われる蘇民祭は、黒石寺の蘇民祭を手本に始められたといわれ、400年以上の歴史を持つ伝統の祭りです。

厄年を迎える男衆らが下帯に足袋姿で火たき登りや蘇民袋の争奪戦を繰り広げ、五穀豊穣や災厄消除を祈願します。

午後6時半頃からの四角登り(夏祭り)は、四角(しかく)と呼ばれる角灯(かくとう)を持ち、別当邸から供物や祭りの道具一式を神社に運ぶ儀式。
角燈(かくとう)と将軍木(かつのき)(ヌルデの木)でできた長さ1尺5寸(約45cm)の手木(てぎ)の刀(祓棒)を持った祓人(はらいびと)と呼ばれる褌衆(ふんどししゅう)が赤い鉢巻を締め、地面を這うようにして祓棒で邪気を切り祓いながら進み、それに続いてホラ貝を吹く山伏や勝山宮司、菊池別当、神楽、保存会員、厄年連、一般祈願者らが行列を組んで拝殿に向かいます。
このとき、祈願者は、参道から拝殿へ三度巡ると良いといわれています。

午後9時から「岩手の火まつり」である「火たき登り」が始まります。
午後9時半に神殿の蝋燭(ろうそく)から移された御神火が歳戸木(さいとぎ)の二箇所の焚口に点火されると、角灯(かくとう)と手木(てぎ)を持った 白褌(びゃっこん)の男たちによる積み重ねた松木(まつき)の上にのぼり、火の粉を浴びて身を清める行事です。
特に火たき登りで使われる歳戸木(さいとぎ)は高さ3メートルを超え、県内の蘇民祭では最大級といわれています。

午後11時頃から鬼子(おにご)登りが始まりまる。
全員黄色の鉢巻を締め、父親に背負われた7歳の男の子が麻衣(あさぎぬ)に鬼の面を身につけて神社に登り、無病息災を祈念。
午前零時前、黄色の鉢巻をした保存会の役員が格子に取り付き、口に小刀をくわえて裸の群衆の中に飛び降り、蘇民袋に切口(きりくち)を入れて、小間木を取り出せるようにした。
争奪戦の端緒となるこの大事な儀式は、保存会では「刃物入れ」と呼んでいます。

蘇民祭のフィナーレを飾る争奪戦は熱気を帯び、小間木の争奪が展開します。
一段落して、袋が空になったころ、蘇民袋を奪い合う人の渦が拝殿から境内に移動し、雪上で激しい揉み合いが続きます。
午前1時半頃、決着が付き、審判により取主(とりぬし)が決まります。
終了時、蘇民袋の縛り口に最も近い場所をつかんでいた人が取主(1位)に認定され、3位まで表彰されます。そのほかに、努力賞もあります。


開催時期 2020年1月18日~1月19日(1月第3土曜日)
開催時間 黒石寺と同様に徹夜の祭礼だったが、平成11年(1999)から行事時間を短くして
     蘇民祭は、午後6時のご膳上げ(別当祭)から始まり、翌日の午前1~2時頃に終わるように変更。
     
会場 伊手熊野神社 岩手県奥州市江刺区伊手角屋
交通 水沢江刺駅から車で約30分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的お祭り大好き,スリル満点,一生の記憶に残る,伝統民俗,体験,友達に自慢できる,日本の冬を感じる場所,男性好み,神社・寺
最寄り空港/駅水沢江刺駅 (約11.7km) Google Transit

口コミ

5.01 年前

【岩手県神道青年会HPより】
聖武天皇の頃、按察使兼鎮守府将軍大野東人の従者・徳民駿河が住み、紀州(和歌山県)熊野権現を勧請したのが始まりと伝わる。

明治4年、伊邪那美命を祭神として熊野神社と称す。

旧暦1月14日に行われてきた奇祭・蘇民祭は、新暦1月第3土曜日に改められ、夜を徹して勇壮な裸参りが行われている。

5.010 か月前

蘇民祭は良いね‼️

3.02 年前

派手さはありますんが、なぜか気が澄まされるような雰囲気でした。蘇民祭が行われる神社,。

5.01 年前

男の🔥火祭り

3.01 年前