2020/2/8~2/9 只見ふるさとの雪まつり

福島県のイベント情報


2020/2/8~2/9 只見ふるさとの雪まつり3.8

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年2月8日 ~ 2020年2月9日

JR只見駅前広場(福島県南会津郡只見町只見上ノ原1828)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

全国有数の豪雪地帯である只見町に2万人を越える観光客が訪れる冬の一大イベントです。
地元の人たちが20日間ほどかけて制作する大雪像を特設ステージに、大小の雪像が町中に現れます。
今年は、大雪像に「東京駅」を作成。
前夜祭で金曜日19:00〜から夜は大雪像をライトアップし、数百個のキャンドルも点灯。
会場入口では、地元日本酒と甘酒の無料利き酒を実施。
2日間に渡って様々なステージショーや伝統の催しが行われます。
初日の夜に行われる雪中大神輿や数え年42歳の厄男による厄払いの儀、おんべ(歳の神)は見逃せません。
豪華タレントによるステージイベントをメインに、ゲームイベントや伝統芸能発表などが行われます。
また、2日間ともフィナーレは祈願花火大会を開催し、大輪の花が真っ白な山々を赤や黄色、色とりどりに染めます。
会場内にはたくさんの屋台が軒を連ねます。

開催日:2020年2月8日(土)~2月9日(日)  10:00~20:00予定
場所:JR只見駅前広場(福島県南会津郡只見町只見上ノ原1828)
交通:JR只見駅から徒歩約1分
クルマ:東北自動車道西那須野塩原ICから車で約2時間30分。
    磐越自動車道会津坂下ICから車で約90分。
駐車場:400台/無料
料金:入場無料

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的お祭り大好き,パレード,伝統民俗,夜景,日本の冬を感じる場所,日本の花火,食べ歩き
最寄り空港/駅只見駅 (約0.1km) Google Transit

口コミ

5.02 年前

2018年2月11日(日)の只見ふるさと雪まつりは、戊辰150周年ということで、巨大雪像は「鶴ヶ城」でした。
 沢山の出店があり、地元の郷土料理などを頂き、冷えた身体が温まりました。
 かまくらで開催していた地元の方による「只見の戊辰の語りべ」では、奥会津での戦いの歴史と、長岡藩・仙台藩・会津藩の方々への宿の提供と、自分たちの食事も事欠くなか、来年の種もみまで提供し食事の手配をした話しなど盛り沢山で、戊辰戦争の歴史の一幕を知り、とても勉強になりました。

5.05 か月前

素晴らしい🎵

只見の人間の温かさ🎵

雪の中の花火最高🎵
ただでさえ静かな山あいの町、積もった雪が周囲の音を吸収し更に静寂。
花火の音が山々に反響する。
色とりどりの花火の光がバックの山の色を変えていきます。

一度は見ていただきたいです💕

5.01 年前

只見町は新潟県の近くにあるし奥会津なので雪深くとても寒い地域だがだからこそ雪まつりの時の雪像は毎年素晴らしい♪
自分も雪まつりの当日は数時間かけて行ってますが…
雪まつり当日は雪も降って寒いが行く甲斐はあります!
一度は行ってもらいたいし,見てもらいたい♪
最後に上がる雪の中の花火も神秘的でキレイです!

4.02 年前

無料の大駐車場が会場から離れた場所でしたが、そこと会場を結ぶシャトルバスが二台ほど巡回し続けていたので、特に待たされる事もなく移動がとても楽でした。
特産品のトマトを使用した料理を筆頭に出店各種、地元産原料に拘った焼酎(ねっか)等の試飲会もあり、またソリ遊びが出来る雪の滑り台に雪玉でのストラックアウト等の来場者参加イベントも行われていたり、大人も子供も楽しめるイベントになっていました。
次回は夜の花火も見てみたいです。

4.01 年前

冬の花火がとても綺麗です