3/15 豊年祭 (田縣神社)

愛知県のイベント情報


3/15 豊年祭 (田縣神社)4.1

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年3月15日 ~ 2020年3月15日

田縣神社:愛知県小牧市田県町152

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

※新型コロナウィルスの影響により、2020年の豊年祭は神社境内での神事のみを執り行います。
午前中の献餅行列、お旅所からの御輿行列は中止となりました。
奉祝行事の餅投げも中止し、境内および周辺道路での露店商出店もありません。
(境内駐車場、終日使用不可)



愛知県小牧市田県町に鎮座する田縣神社の祭礼行事・豊年祭(ほうねんまつり・ほうねんさい)は、性器崇拝の奇祭として知られ、閉乃固祭り(へのこまつり)の別称があります。
田縣神社の御祭神は五穀豊穣の神である御歳神(ミトシノカミ)と子孫繁栄の神である玉姫命(タマヒメノミコト)で、全国から信仰を集めており、稀代のパワースポットとして注目されていて、道祖神祭と田楽祭の要素が合体した豊年祭で、毎年3月15日に子孫繁栄と五穀豊穣を祈願します。
市指定の無形民俗文化財で、近年外国人に非常に人気が高く、外国人観光客も多く訪れます。
国境を越えてみな微笑む祭で、まさに「天下の珍祭」であります。

御神輿行列は約120名参加し、男達が「大男茎形(おおおわせがた)」と呼ばれる男根をかたどった100キロの神輿を担いで練り歩き、小ぶりな男根をかたどったものを巫女たちが抱えて練り歩きます。
それに触れると、「子どもを授かる」と言われています。
大男茎形は直径60センチ、長さ2メートル余りで、毎年新しくヒノキで作られ奉納されています。

この祭事は、男根を「天」、女陰を「地」と見立て、「天からの恵みにより、大地が潤い、五穀豊穣となる事と子宝に恵まれる」事を祈願するものです。
春に行われる理由は、「新しい生命の誕生」をも意味するからです。
おみやげ品として男根をかたどった飴やチョコレート、オブジェなどが売られています。

開催時期:2020年3月15日(日)
田縣神社:愛知県小牧市田県町152
交通:名鉄小牧線「田県神社前」駅より徒歩5分

写真提供:一般社団法人 愛知県観光協会
     フォト蔵 ウォーレンさわかみ さん
     Nomancam - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=80591275による
【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.tagatajinja.com/pg18.html

目的お祭り大好き,ゲラゲラ爆笑,シュール&クール,パレード,伝統民俗,神社・寺,観光名所
最寄り空港/駅田県神社前駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

JAFのスタンプラリーで
取り上げられており
訪れて見ました。
長い々 歴史のある
由緒ある 神社です☺️
歴史はホームページで
詳しく書いて有ります。
と言うより 世間では
男性の例のモノが
奉られている神社ですね。
豊年祭等は すごい人手と
テレビ等で紹介されて
いますが、平日でしたので
ゆっくりと参拝できました。
色々なご利益がありそうです☺️

4.02 週間前

小牧にいると、年末年始のお参りにはこちらに行くことがあります。年末は込み合います。以前出産の祈願やお参りに行ったことがあります。子宝祈願もできたり。子孫繁栄などあり、男性のシンボル崇拝している珍しい神社。時折ニュースにもなってます。お土産もあったり。…ご利益です。現在超未熟児に生まれたものの子供と共に無事に過ごせていて引っ越しして立ち寄る機会なくなってしまいましたが、感謝です。

2.01 週間前

男性系の?神社。参拝者が絶えません。子宝に良さそうです。私は婦人科系の手術を終え二年目。お医者様方が話し合って今後の経過観察が決まります。しっかり診ていただける様にお参りしました。

4.02 か月前

愛知県小牧市にある 田縣(たがた)神社の豊年祭に出掛けてきた。
このお祭りも先日行った新潟県長岡市の奇祭『ほだれ祭り』と同じ男根をお祀りして子孫繁栄・五穀豊穣等を祈願するものであった。拙者は、この祭りに初めて参加するため要領を得ず8時に臨時駐車場に駐めたが一等賞になりこれは縁起がいいと勝手に解釈していた。日程表を確認しても男根を担ぐ行事はどの時間帯か解らず、ただ解っていたのは、この祭
りは曜日に関係なく毎年3月15日と決まっていて今年は週末に重なった為急遽予定を組み入れたが、次回3/15が土日になるのは、2020年東京オリンピックの年迄なかった。
まずはその神社に出掛け情報収集開始。9時 参拝開始。まだまだ人出が少ない境内だが、午後になるともの凄い人が駆けつけるとは思ってもいなかった。境内には、沢山の出店が出ていたが目指すは珍品の出展品。
並んでいる並んでいる、ほだれ祭りよりも変わったものが多数並んでいた。前回購入した飴があるかと探したが同じメーカーのもはなく違うメーカーのものが並んでいる。ありました男根型飴に女性器型飴。見るからに完全手作り品でこの日だけの販売品らしい包装。ほだれ祭りの際に飴を購入したがこれが土産として『爆笑』を呼んだが今回もまた行った
のかと言われる、ため購入は躊躇ってしまった。男根型パンまで売っているじゃないか。でもこれを食べる勇気は無かった。まずは、本殿に参拝。願いは、「道中安全、家内安泰」間違っても「子宝」は禁物だった。本殿を見渡せば、黒々といきり立つ男根があるじゃ無いか。その凜々しい姿にほれぼれしてしまう。奥の院へ進もう。境内奥の院にある、小さな祠(ほこら)。「男根」をかたどった石が、配置され崇拝されている。お賽銭を入れれば、チャリーンでは無く『チ~ン』と聞こ
えるのは、拙者の耳が可笑しい性では無いはず、境内のあちこちには、男性根を思わせる石や女陰のような石が設置されているは、異様で日
本に、こんな神社が存在するとは今まで知らなかった。亀頭ちゃんをなでなで。時刻は9:02だが、午後再び境内に戻ってくると奥の院に参拝する人の列が100m近くも伸びていたのには驚いた。人気のあるお祭りに来る際は、早くに到着し人気の少ない時間帯に参拝等を済ませておくことが肝心かも知れない。係の人に日程を聞けば神輿は、2時頃熊野神社を旅
立つそうでその熊野神社へ行ってみることにした。
祭りが本格的始まるまでもう少し時間があるため境内をウォッチング。それにしても外人の姿をよく見かける。臨時バス駐車場には、横田基地からのバスが停まっていたが、乗客はすべて『YOU』なんだろう、ざっと1割程度は外人さんはちょっとオーバーかなでもぎょうさんのYOUが居たのは確か。こんなにYOUが沢山いればあのTV番組(YOUは何しに日本へ?)も来ていることだろうと期待したが、見当たらなかった。でもそのYOU達の行動には絶句した。境内の露店で売っていた女陰飴を堂々となめている男性、男根飴を人前で平気で舐める女性YOU。見ているこっちが、照れてしまう。
沿道は人人人で身動きが取れない。ちんこの幟が登場したがあまりのリアルさに風営法違反じゃ無いのか心配になった。裏筋、血管陰毛まであるんだぜ。五人衆。選考で選ばれた5名は当日「五人衆」とし
て古式のままに着飾り、お旅所から田縣神社までの間、男茎形を抱きながら行列に加わり一緒に練り歩く。沿道の人たちはこの男茎形に触る
と子宝に恵まれると言われがあり我先にとなでなでしていた。主祭神の御歳神の神輿が続き、沿道の観客に御神酒を振る舞われ和やかに祭りは進んでいった。来た~真打ち登場と言っても午前中に拝見済み更には「素手タッチ」済みだった。この後県道に出て境内へと入るが帰宅時間を考慮してここで祭りを後にしたが、確かにほだれ祭りより規模が大きいが拙者は、一般人が神輿を担げるほだれ祭りの素朴さが好きだな。

4.02 か月前

いつも初詣に来ています。
特徴的な神様を祀っている神社。
子宝にご利益があるようです。

お正月は地元の方が出店でいつもたまって飲んでるイメージw