3/14、3/15、4/3 青龍会・観音加持

京都府のイベント情報


3/14、3/15、4/3 青龍会・観音加持3.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年3月14日 ~ 2020年3月15日

清水寺(京都市東山区清水1丁目294)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都は古くから、方角を司る四神(北の玄武、東の青龍、南の朱雀、西の白虎)に守られた「四神相応の地」とされてきました。
清水寺は東の青龍の地にあるお寺で、秘仏の本尊「十一面千手観音像」の化身である青龍が、夜な夜な音羽の滝の水を飲むという言い伝えがあります。
青龍の地を守ったとされる夜叉神が、奥之院の南廊下の祠に祀られています。

秘仏御本尊「十一面千手観音像」が33年に一度のご開帳記念の際、2000年3月に青龍会が創設され、観音様の化身・青龍が誕生し開眼供養が行われました。
以来毎年決まっていて、春3月14/15日、4月3日、秋9月14/15日の5日間、人々の幸せを祈願しながら青龍が練り歩き、新たな風物詩となっています。
全長18m、約8000枚の鱗があり、頭に古い経文が貼られている龍が生き生きと動く圧巻の巡行は、門前町関係者を中心に約五十人によって龍の舞を披露します。
法螺貝を吹き、先布令を行う「転法秀」を先頭に、「会奉行」「夜叉神」そして「四天王」と「青龍」、「十六善神」の神々が続く大群会行の行道が境内を練り歩きます。
青龍会は地主神社から音羽の滝、経堂、三重塔を通って、多くの参拝者が集まる西門へと向かいます。
西門前の石段で再び青龍が舞い、清水坂を下り門前町を練り歩きます。
行道中の夜叉神から、ご加持を受ける人の姿も見られます。

【開催時間】3月14日、3月15日、4月3日 14時~
【料金】入山料 400円
【場所】清水寺(京都市東山区清水1丁目294)

写真出典:京都もよう KYOTO MOYOU
【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的お祭り大好き,世界遺産,伝統民俗,神社・寺,観光名所,遊ぶ
最寄り空港/駅祇園四条駅 (約1.6km) Google Transit

口コミ

3.02 週間前

☆世界的にも有名な観光名所です、まず始めに県外から来る場合、自家用車は絶対に控えて下さい、道も駐車場(満車ばかり)も、とにかく狭いし、当たり前ですが人は沢山いますし、そんな中やたら観光バスは来るしですれ違いの大変さを始め、とにかく骨が折れます、潔く定期観光バスで賢く入ったほうが断然イイです、参道を歩く際によ~く注意すると「清水寺限定品」を扱っている店があるので入ってみると以外な発見があるかもしれませんよ😁、私は線香を二箱買いました😄。

☆私が行った時はなんと工事中😅、まぁこれはこれで貴重な体験だと思いヨシとします(写真)。

5.01 か月前

清水寺は30年前に来た以来久しぶりの参拝でしたので
やは迫力があり、感動しました!
清水の舞台から飛び降りる覚悟とはよく言われますが
やはり、相当な覚悟を持ち気持ちも厳かにして見ると
この迫力がわかります^ ^🙏
老朽化で建設途中でしたが、間も無く修復工事が終わるとの事でしたので、また来たときには素晴らしい風景と感動を味わえると思います^ ^⛩
黒大黒様もとても縁起が良さそうで、商売繁盛としては最高の神様たとおもいます。
また、清水寺の情緒ある食べ歩きのできる街並みを見ながら観光方々行きたいと思います^ ^🤲

2.04 か月前

早朝6時開門ということで行ってまいりました

正面から入ると拝観料が掛かりますが
出口から入ると無料でしょうか?

音羽の滝占領して、柵から乗り出して大量のペットボトルに水汲む人が居たり

一通り回って帰りがけに
「ここからは入れません」と書かれた出口から続々と入ってきてドン引き

普通にお寺の方と挨拶してるので地元の方なんでしょうが、あんまり気分良くは無いですね

開門前にこっそりやってよ

でもまあこの程度で気分を害する様では、私はまだ何も悟ってないようです

4.0過去 1 週間以内

202011181900
夜の拝観¥400

日中とは異なり、幻想的な雰囲気。
紅葉と京都の夜景の美しさは心に刺さる。

平日且つコロナの影響か、夜間の清水寺の混み具合はそれほどでもなかったが、清水坂は少々混み合っていた。
休日は混雑して紅葉を楽しめないでしょうし、コロナ感染を控えるためにも訪問を控えたほうが賢明でしょう(清水寺に限らず)。

5.03 か月前

きよみずでら 2020/8/15
概要:清水の舞台で知られる寺院
独立した北法相宗(玄奘三蔵開祖の法相宗から独立)であり、平安京遷都前からある数少ない寺院。京都市内を一望できる場所であり比較的交通のアクセスも良いため、修学旅行など多くの旅行者の観光スポットである。

見所:
清水の舞台
音羽の滝
仁王門
三重塔
通常は18:00まで
春、お盆、秋には21:30(21:00まで入場)に延長されるので夜のライトアップを楽しむことができる。

感想:
夜の拝観(お盆)に初めて行きました。幻想的で素晴らしく、京都の夜景と音羽山の静寂そしてライトアップされた本堂や三重塔等とのコントラストはプライスレス。秋のシーズンはこれに紅葉の赤も加わるのでさぞ素晴らしいのでしょう。

清水の舞台は平成の大工事中です。2020/4月から5月の頭迄は平成の大工事の合間で普通に拝観できたのですが8/15現在、床板の張替え工事中です。足場がかなりしっかり組まれているので、数ヶ月かかるものと思われます。平成の大修理が数年かけて3月に終わった!と思い4月に見学に行きましたが、また修理とは。。。

素晴らしい建造物ですので末長く後世に引き継いで行きたいですね。