2020/10/17~2021/3/14 あぜのきらめき

石川県のイベント情報


2020/10/17~2021/3/14 あぜのきらめき3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年10月17日 ~ 2021年3月14日

石川県輪島市白米町

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

※新型コロナウイルス感染拡大防止のためオープニングイベントは開催いたしません。
-----------------------------------------------------------------------------------
千枚田は「日本の原風景」と呼ばれ、昔ながらの農法が現在も行われています。
輪島から珠洲市に向かう国道249号線沿いにある白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、世界農業遺産「能登の里山里海」の代表的な棚田として、年々注目を浴びています。
日本の棚田百選に認定され、国の名勝にも指定されています。
急斜面に、幾重にも段になり海へと広がる田んぼ。その数は全部で1,004枚。
日本海に向かってなだれ落ちるような美しい景観は、能登の観光スポットともなっている。
一つ一つは小さく、耕運機も入らない狭さのため、栽培は昔ながらの手作業で行います。

10月中旬から3月中旬にかけてはイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を楽しむことができます。
点灯するLEDは環境に配慮した太陽光発電の自立式の発光装置で、「ペットボタル」と呼ばれています。
149日間、千枚田のあぜを彩る「ペットボタル」25000個の美しい光景が見えます。
イルミネーションは、ピンク→グリーン→ゴールド→ブルーへと15分ごとにゆっくりに変わりながら灯り、夜の千枚田を彩ります。

(ペットボタルを 20,461個設置したとして、2012年11月14日、ギネス新記録に認定されました。)

開催時期:2020年10月17日(土)~2021年3月14日(日)
開催場所:石川県輪島市白米町
交通:七尾駅(または和倉温泉駅)からのと鉄道で穴水駅下車→北陸鉄道バスに乗換後、輪島へ→北鉄奥能登バス町野線に乗車、白米下車。
クルマ:のと里山海道の能登空港ICから車40分、道の駅「千枚田ポケットパーク」まで

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

写真提供:©輪島市交流政策部観光課

目的インスタ映え,一生の記憶に残る,夜景,山登り,自然観察,観光名所
最寄り空港/駅穴水駅 (約23.5km) Google Transit

口コミ

4.05 か月前

とても気持ちの良い開けた棚田で、お土産店も有ります。
棚田には降りて歩く事も出来ますが、なかなか急斜面なので歩きやすい靴は必要かと思います。
芸能人や有名人がオーナーの棚田も有ります。

お土産店は、飲食コーナーも有り、おむすび、蕎麦、ソフトクリーム等が店内と店外にも少しテーブルが有って食べられます。

店内のお土産スイーツで、輪島にある金蔵あかり会の手作りレモンラスクとレモンケーキは素朴で可愛くオススメです。
特にラスクは独特の食感がGood!

5.04 か月前

地元民ですが初めて訪れました。とてもいい景色で映えます!夜にはライトアップされ、あぜ道にトーチが並んで幻想的です!(2021.8現在は感染症の影響により無し)
すぐ隣には道の駅でお土産として地元石川の名米を買うことができます!能登ドライブやツーリングで是非立ち寄ってみてください!!

4.01 年前

2015/9/11
棚田は色々見てきましたが、ここまでの広さと海岸線との調和がある所は他に知りません。一度は見に行かなきゃならない所だと思います。
美しいです。朝や夕方はもっときれいなんでしょうね。

5.03 週間前

七尾に泊まった夜にたまたまローカルニュースを見て知りました。夕方に着いて暗くなるまで車で待っていましたら、直ぐに駐車場がいっぱいになりマイクロバスから観光バスまでやって来ました。もしかして混雑するのかなと思いきや、広大な敷地に人もまばらで幻想的なLEDのイルミネーションが素晴らしかったです!

5.01 年前

絶景です。写真のイメージと違い少し小さく感じます。