2020/10/17~2021/3/14 あぜのきらめき

石川県のイベント情報


2020/10/17~2021/3/14 あぜのきらめき3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年10月17日 ~ 2021年3月14日

石川県輪島市白米町

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

※新型コロナウイルス感染拡大防止のためオープニングイベントは開催いたしません。
-----------------------------------------------------------------------------------
千枚田は「日本の原風景」と呼ばれ、昔ながらの農法が現在も行われています。
輪島から珠洲市に向かう国道249号線沿いにある白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、世界農業遺産「能登の里山里海」の代表的な棚田として、年々注目を浴びています。
日本の棚田百選に認定され、国の名勝にも指定されています。
急斜面に、幾重にも段になり海へと広がる田んぼ。その数は全部で1,004枚。
日本海に向かってなだれ落ちるような美しい景観は、能登の観光スポットともなっている。
一つ一つは小さく、耕運機も入らない狭さのため、栽培は昔ながらの手作業で行います。

10月中旬から3月中旬にかけてはイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を楽しむことができます。
点灯するLEDは環境に配慮した太陽光発電の自立式の発光装置で、「ペットボタル」と呼ばれています。
149日間、千枚田のあぜを彩る「ペットボタル」25000個の美しい光景が見えます。
イルミネーションは、ピンク→グリーン→ゴールド→ブルーへと15分ごとにゆっくりに変わりながら灯り、夜の千枚田を彩ります。

(ペットボタルを 20,461個設置したとして、2012年11月14日、ギネス新記録に認定されました。)

開催時期:2020年10月17日(土)~2021年3月14日(日)
開催場所:石川県輪島市白米町
交通:七尾駅(または和倉温泉駅)からのと鉄道で穴水駅下車→北陸鉄道バスに乗換後、輪島へ→北鉄奥能登バス町野線に乗車、白米下車。
クルマ:のと里山海道の能登空港ICから車40分、道の駅「千枚田ポケットパーク」まで

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

写真提供:©輪島市交流政策部観光課

目的インスタ映え,一生の記憶に残る,夜景,山登り,自然観察,観光名所
最寄り空港/駅穴水駅 (約23.5km) Google Transit

口コミ

5.03 週間前

冬の棚田を夜はライトアップしているとの事で、せっかく来たし寄っておくか…程度の気持ちであまり期待をしていなかったのですが、いざ景色を目の前にしてみると、とても美しく感動しました!

こんなに美しく感動したイルミネーションはおそらく初めてです。

よくあるイルミネーションの様に、過剰に飾り付ける事はありませんが、棚田の形を生かしたシンプルな光がとても良かったです。
真っ暗で波音が聞こえる静かな空間に浮かび上がる光が、まるで宇宙空間を歩いているような…
不思議な気持ちでした。

バスを使っての観光だったので、交通の便も悪くあまりゆっくりとは出来ませんでしたが、来て良かったです。

海辺ということもあり、夜は風が強く寒いので、防寒をしっかりしていくことをお勧めします。

4.02 か月前

2015/9/11
棚田は色々見てきましたが、ここまでの広さと海岸線との調和がある所は他に知りません。一度は見に行かなきゃならない所だと思います。
美しいです。朝や夕方はもっときれいなんでしょうね。

4.02 週間前

昔の人の知恵と労働力には感服です。
今でこそ車の通るスペースの農道もありソーラー型のライトアップもされ、近代的に美化されていますが、当時はこの山の下腹部に田んぼを作り農作業をするなど過酷です。歩いてみてのアップダウンによけいと感じました。ちなみに農作業の経験者です。
海沿いにあり、海水はとても綺麗で塩がおいしいです。この海水からとれる塩と収穫できたお米のおにぎりは最高でしょうね。
駐車場にある道の駅千枚田ポケットパークのお店のおばあちゃんは(狭い方のお店)ご愛嬌満載の売り上手!ご家族で経営されているのでしょうか。話したが最後、お財布の口が緩みます。笑

5.06 か月前

絶景です。写真のイメージと違い少し小さく感じます。

5.02 週間前

世界農業遺産に認定される「能登里山里海」のなかでも代表的な「白米千枚田」
季節や時間によって、同じ場所で異なる景色が観られる。

写真は2月中旬の17時過ぎのもの。
夕暮れ風情が郷愁をそそる。
18時からは、ライトアップされたイルミネーションが全く違う顔に変化😲

このような棚田を、常時誰でも観られて楽しめるのは、地域の人の取組や努力の結晶なのだと思います。
保全取組に毎年度オーナー会員を募集しており著名企業や著名人が名を連ねており、色々な人の思いでこの棚田が維持されているようです。

そう思うと景色を眺めるだけではありますが
贅沢な経験ですね。

「道の駅千枚田ポケットパーク」に駐車場あり。
ここの売店で、ソフトクリームをほうばりながら、ゆっくりするのも良いかも知れません。