2020/10/17~2021/3/14 あぜのきらめき

石川県のイベント情報


2020/10/17~2021/3/14 あぜのきらめき3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年10月17日 ~ 2021年3月14日

石川県輪島市白米町

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

※新型コロナウイルス感染拡大防止のためオープニングイベントは開催いたしません。
-----------------------------------------------------------------------------------
千枚田は「日本の原風景」と呼ばれ、昔ながらの農法が現在も行われています。
輪島から珠洲市に向かう国道249号線沿いにある白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、世界農業遺産「能登の里山里海」の代表的な棚田として、年々注目を浴びています。
日本の棚田百選に認定され、国の名勝にも指定されています。
急斜面に、幾重にも段になり海へと広がる田んぼ。その数は全部で1,004枚。
日本海に向かってなだれ落ちるような美しい景観は、能登の観光スポットともなっている。
一つ一つは小さく、耕運機も入らない狭さのため、栽培は昔ながらの手作業で行います。

10月中旬から3月中旬にかけてはイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を楽しむことができます。
点灯するLEDは環境に配慮した太陽光発電の自立式の発光装置で、「ペットボタル」と呼ばれています。
149日間、千枚田のあぜを彩る「ペットボタル」25000個の美しい光景が見えます。
イルミネーションは、ピンク→グリーン→ゴールド→ブルーへと15分ごとにゆっくりに変わりながら灯り、夜の千枚田を彩ります。

(ペットボタルを 20,461個設置したとして、2012年11月14日、ギネス新記録に認定されました。)

開催時期:2020年10月17日(土)~2021年3月14日(日)
開催場所:石川県輪島市白米町
交通:七尾駅(または和倉温泉駅)からのと鉄道で穴水駅下車→北陸鉄道バスに乗換後、輪島へ→北鉄奥能登バス町野線に乗車、白米下車。
クルマ:のと里山海道の能登空港ICから車40分、道の駅「千枚田ポケットパーク」まで

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

写真提供:©輪島市交流政策部観光課

目的インスタ映え,一生の記憶に残る,夜景,山登り,自然観察,観光名所
最寄り空港/駅穴水駅 (約23.5km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

日本一の棚田を見ることができます。スケールがハンパないです。良い景色です。なぜなら、ここが良い所は、広い棚田と美しい海を両方一度に見られる所です。最高です。また、道の駅で、千枚田で作ったお米をおにぎりで食べることができます。おいしいです。お米の味はむずかしいですが、千枚田のお米を食べたぞ!という達成感を味わえるのはここだけです。

4.02 か月前

コロナの影響とお盆後だったからか、駐車場は余裕で停められましたが、駐車場の数キロ前から路肩には千枚田駐車場待ち用の案内があったので、繁忙期は渋滞必須なんですね。
景色は、天気が良いと海のブルーと稲のグリーンが映えると思いますが、曇りだったので・・・。でもこうやって今は必要がない稲作方法でも、維持していくための努力が、白川郷のようにいろんな方のご尽力があっての事なんだと、感じられました。個人的には、水が張っている時期を観てみたいです。

5.0過去 1 週間以内

コロナ禍も緩和されつつ輪島旅観光バスが何台も入れ替り立ち替りの中高台にある道の駅から下を眺めるとそこには収穫が終わった寂しい棚田がありました。夕方の4時から9時まで?だったかイルミネーションが夜空を照らしてました。天気も快晴だったので一際映えてたんじゃないかな。能登半島に行ったなら観光地は当然穴場探しも楽しいですよ。

5.02 か月前

絶景です。写真のイメージと違い少し小さく感じます。

5.02 か月前

能登半島に出かけたら、寄るべきかなと思います。
おばあさんの手作りのお土産のお店等があります。