10/1~10/2 放生津曳山祭(新湊曳山まつり)

富山県のイベント情報


10/1~10/2 放生津曳山祭(新湊曳山まつり)3.2

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年10月1日 ~ 2020年10月1日

(放生津八幡宮)富山県射水市八幡町2-2-27

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、曳山の巡行を取りやめるが、曳山巡行の翌日に放生津八幡宮に先祖の霊をまつる「築山行事」は予定通り行う。
曳山が随行するみこしについては、ご神体をのせる船をかたどった道具「御舟代(みふねしろ)」を旗台や太鼓台にのせて巡行する。
今年およそ100年ぶりに行われた狂言師の口上とアメノウズメによる清めの儀式。
密集防止のためみこしの代わりに、曳山の巡行はなく、1日は「御舟代(みふねしろ)」を用いた神輿渡幸、曳山蔵を巡るスタンプラリー、お囃子、曳山や神輿の展示等が行われる。みこしは八幡宮の社標の前に据え置き、自由にお参りできるようにする。
-----------------------------------------------------------------------------
放生津曳山祭(ほうじょうづひきやままつり)は、富山県射水市新湊地区市街地(旧新湊町)で毎年10月1日から10月2日まで行われる、放生津八幡宮の秋季例大祭です。
通称は新湊曳山まつり(しんみなとひきやままつり)。
10月1日は神輿渡御・13基の曳山供奉が、10月2日の本祭には放生津八幡宮にて全国でも珍しい築山(つきやま)行事が行われます。
富山県の指定無形民俗文化財。
大小2基の神輿渡御に供奉し、富山県内で最も多い全13基の曳山が順列を連ね、港町である新湊の市街地を各町揃いの法被姿の若衆によって、「イヤサー、イヤサー」の独特の掛け声とともに町中を練り回ります。
日中は花笠を掛けた「花山」、夜は「提灯山」にしつらえて、町中を引き廻す姿は絢爛豪華です。
13基の曳山が狭い街角を急曲がりするときの勇壮さは格好の見どころです。

開催日:毎年10月1日~2日
開催地:射水市新湊地区(放生津、新湊の各曳山の町内一円)
(放生津八幡宮)富山県射水市八幡町2-2-27
交通:JR富山駅前から「富山ぶりカニバス」に乗車。「海王丸パーク」で下車。海王丸パークから巡行エリアまでは無料シャトルバスを運行。詳細は巡行順路パンフレット参照。
クルマ:北陸自動車道小杉ICから約20分
駐車場:海王丸パーク周辺が一般見学者の方の指定駐車場(無料)となります。

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的パレード,伝統民俗,男性好み,神社・寺
最寄り空港/駅富山駅 (約13.7km) Google Transit