観光バンク

日本各地のローカルでディープな観光情報をお届け


菊池温泉3.8

菊池温泉は1954年に発見された比較的新しい温泉だ。泉質は無色の弱アルカリ性で、肌を「乙女の肌」にするとして人気があり、リューマチ、神経痛、胃腸病に効き目があるとされている。お湯の温度はそのままで使える45度付近で、温泉街の約40件の旅館の湯舟に直接流れ込んでいる。 町そのものは千年以上の歴史があり、城跡も残っている。菊池神社の隣りある公園はサクラの名所として有名で、春には約1万本のサクラが阿蘇山や雲仙岳を背景に美しく開花する。市街地から東へ20キロ進むと、阿蘇外輪山の北西部の山中に入り、そこ...

菊池温泉

レビュー (1)

X17

温泉街で「集-u-ケン」訪問としてドラフトを発行すると、温泉とそれの 1000 円の 3 温泉を楽しむことが可能です。 エンターテイメント エリアのような要素が強いものでについて学んだことがバンケット タイプのスパがあった男性訪問者と党の方は、過去に係...

温泉街で「集-u-ケン」訪問としてドラフトを発行すると、温泉とそれの 1000 円の 3 温泉を楽しむことが可能です。
エンターテイメント エリアのような要素が強いものでについて学んだことがバンケット タイプのスパがあった男性訪問者と党の方は、過去に係員を呼ぶ。したがってゲストの数が個人の最近の女性顧客と療養型で停滞し、家族訪問者センター指向流・ 1989 年ピーク時約 440,000 人減る一方します。

At a hot spring town, "shu-u-ken" as a visit to hot spring resorts draft is issued, and it's possible to enjoy 3 hot springs for 1000 yen.
An entertainment area-like element was learned about by a strong thing and was a spa of the banquet type a male visitor and party travelers call an attendant in the past. Therefore the number of guests stagnates in the recent woman customer and recuperation type of individual and family visitor center-oriented flow, and keeps decreasing peaking at about 440,000 people in 1989.

続き...閉じる