開聞岳

鹿児島県の観光情報


開聞岳4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

開聞岳(かいもんだけ)は薩摩半島の南端に位置する高さ924mの休火山。完全なコニーデ型の形は富士山を彷彿とさせるため、「薩摩富士」と呼ばれることが多い。スパイラル状に緩やかな登山道があり、約2~3時間で頂上に到着する。山頂は遮るものがほとんどなく、北側には湖、南側に太平洋を眺めることができる。登山道にトイレはないので要注意。

南側斜面の麓には自然公園があり、ハイビスカスなどの熱帯植物や、500種類を数える食用のサボテン、天然記念物となっている地元固有のウマなどを見ることができる。20km東に足を伸ばすと、長崎鼻(ながさきばな)岬があり、灯台の周辺にはお土産ショップが立ち並んでいる。

目的スポーツ,観光名所
最寄りの空港/駅鹿児島空港 (約71.3km) Google Transit

口コミ

5.05 か月前

天気が良く景色も最高!数年前に登った時は雨で何もみえませんでした。朝は強風、山頂では微風。これは、登ってみないとわからないことですが!

5.01 年前

遠くから見ると薩摩富士🗻と呼ばれるように、美しい山ですがいざ登ってみると岩場あり梯子ありロ―プありで、ハイキング感覚では甘い😱それなりの装備が必要です。
9合目からはほとんどが岩場で凄く大きな岩場の斜面、岩から岩へと伝い歩く感覚で、ロ―プを掴みながら見下ろすと遥か……麓は海🌊
絶景❗️ダイナミック‼️
竜峯山に登った時に、登山口で出逢ったおじちゃんの名言『ダイナミック』をここで使わせて頂きました😉

下山まで5時間以上のハ―ドなトレッキングでしたが、さすがにメジャーな開聞岳は登山者が多くて、人間ウォッチングでも楽しむことが出来ました🙋

5.01 年前

三方が海になった薩摩富士。露天風呂に入って眺めたり、海を挟んで眺めるその姿は、絶景です。
ですが、それ以上に、頂上から360℃を見下ろす景色は、快感です

5.01 年前

日本百名山のうちの一座、別名薩摩富士。独立峰で綺麗な円錐形してます。電車からの眺めも見事。形上、登山口からは、らせん状に登山道が伸びてます。平坦な場所はなく、緩やかな登りがずっと続きます。標高こそ1000mありませんが、海抜0mくらいからの登山になるので、結構消耗します。5合目当たりに展望あり。7合目当たりからは岩山になるので、足元注意です。もともと活火山だったのですが、1200年程前の噴火を最後に、今は大人しくしております。天気がいいと山頂からは桜島も見えるらしいです。

4.06 か月前

九州南端にある山、日本の本土から離れる時の目印や最後に見る山になる。大きさや派手さはないが形の整った美しい山。

レビュー (0)