池田湖

鹿児島県の観光情報


池田湖3.8

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

九州最大の湖。この池田湖には巨大水棲生物【イッシー】が生息していると言われている。
初めて目撃されたのは1961年頃とされる。1978年9月3日午後6時頃、法事のため集まっていた20人以上が同時に目撃したと証言しており、有名となったのはこの時である。同年12月16日には初のイッシーのものとされる写真が撮影され、指宿市観光協会に設けられたイッシー対策委員会により10万円を贈呈されている。1991年1月4日には指宿スカイラインをドライブしていた福岡市在住の一家が、家庭用ビデオカメラでの湖中で蠢く黒い物体の撮影に成功し、再び地元は盛り上がった。
体長は約10m~20mと言われ、イッシー目撃の証言には「黒いコブのようなものが移動していた」というものが多い。正体は謎であるが、池田湖には2m級のオオウナギが多く棲んでいるとされ、巨大ウナギ説が有力である。このほか、出現時期から池田湖に放流された大型魚、ハクレンの群の魚影の誤認ではないかとも言われる。ただ、コブが何であったかについてはよくわかっていない。

目的観光
最寄りの空港/駅鹿児島空港 (約64.5km) Google Transit

レビュー (0)