富貴寺

大分県の観光情報


富貴寺4.2

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

富貴寺は国東(くにさき)半島にある有名な寺院で、この半島ではかつて仏教がとても栄えていた。寺院は8世紀に遡り、12世紀につくられた本堂は九州最古の木造建築だ。この本堂には阿弥陀仏が祀られており、阿弥陀堂としては、宇治の平等院や平泉の中尊寺と並ぶ知名度がある。

伝説によると、この本堂は一本のカヤの木でつくられたという。内部では仏陀のさまざまな姿を描いたカラフルな壁画が見ることができるが、保存上の理由から、晴天のとき以外には公開されていない。境内には大きなイチョウの木がたくさんあり、秋の落葉時には黄金のじゅうたんが敷きつめられたようになり、周辺の赤い紅葉の葉とあいまって、その風景は見事だ。

目的シニア向け,日本についての知識プロ向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅福岡空港 (約100.4km) Google Transit

口コミ

4.02 週間前

♨️九州最古の木造建築物♨️

国東温泉巡りの宿が近くにあり徒歩で行けたので訪問しました🏃🏻

2020.11
平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた由緒ある寺院で国宝に指定☝🏻富貴寺大堂は、宇治の平等院鳳凰堂、平泉の中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつ。

堂内に収められた本尊の阿弥陀如来像も国重要文化財に指定されており、日本四壁画の一つとされる阿弥陀浄土変相図は、極楽浄土の世界を描いているとされていますが、風化により微かに色合いが見える程度でした。しかし、時を重ねた建物や仏像には、見えないパワーを感じました👍🏻

5.01 年前

チコちゃんが毎日叱っています☺️

5.012 か月前

某ビールのCMでも出ていましたが国宝の阿弥陀堂が美しいです。平安期の浄土思想もあり極楽浄土を思わせる壁画と阿弥陀如来像が調和しています。(堂内は撮影禁止です。)本堂は現在回収中です。

5.010 か月前

国宝 富貴寺大堂の周囲の紅葉は美しく、特にいちょうの落葉で地面が黄色に染まった時の景観は素晴らしいです。 その時期には夜間ライトアップが実施されます。

5.010 か月前

阿弥陀堂が、国宝に指定されています。内部で、ボランティアガイドの方から丁寧なお話を伺うことができ、大変勉強になりました。大分空港からの大分市内に向かうと途中にあります。富貴寺(ふきじ)は、平安時代に、宇佐神宮(うさじんぐう)大宮司の氏寺として開かれた、由緒ある寺院です。中でも、阿弥陀堂(いわゆる富貴寺大堂)は、宇治平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、現存する九州最古の木造建築物であり、国宝に指定されています。九州の仏教建築物としては、唯一の国宝建築物にもなっており、大変貴重なものです。

レビュー (0)