富貴寺

大分県の観光情報


富貴寺4.2

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

富貴寺は国東(くにさき)半島にある有名な寺院で、この半島ではかつて仏教がとても栄えていた。寺院は8世紀に遡り、12世紀につくられた本堂は九州最古の木造建築だ。この本堂には阿弥陀仏が祀られており、阿弥陀堂としては、宇治の平等院や平泉の中尊寺と並ぶ知名度がある。

伝説によると、この本堂は一本のカヤの木でつくられたという。内部では仏陀のさまざまな姿を描いたカラフルな壁画が見ることができるが、保存上の理由から、晴天のとき以外には公開されていない。境内には大きなイチョウの木がたくさんあり、秋の落葉時には黄金のじゅうたんが敷きつめられたようになり、周辺の赤い紅葉の葉とあいまって、その風景は見事だ。

目的シニア向け,日本についての知識プロ向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅福岡空港 (約100.4km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

令和2年1月1日 六郷満山
国宝 蓮華山 富貴寺
4番特別札所
ご本尊 阿弥陀如来

元旦より、観光客や家族の方が参拝に来てます。
ご朱印は仮の堂で受けてます。
ご朱印帳を出すと、護摩木を受け取り、願ごとを書き❴加持、祈祷❵護摩木を炊き上げ、一人一人に加持を受けました、有り難い事です。新年早々いい事が有りそうです。

5.02 週間前

国宝の阿弥陀堂で年内は釈迦三尊でお参りできます。
この大堂は天台宗の常行堂だと思われますが内部は極楽浄土を表した彩色がされていて平等院鳳凰堂などと共に三大阿弥陀堂とも呼ばれているそうです。藤原氏ゆかりの平等院鳳凰堂や中尊寺金色堂は別格なので肩を並べるとは思いませんが同タイプが多く存在したのではないかと思える完成度の御堂でした。福島県の国宝白山阿弥陀堂と同じで南向きで西方浄土では建っていませんでした。

5.01 か月前

九州紅葉と寺社仏閣(†教会)の5日間の4日目

国宝の富貴寺大堂は現存する九州最古の木造建築物(平安時代後期)で、平等院鳳凰堂、中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつといわれています。美しい新緑や紅葉、雪景色など四季折々の風景が印象的な寺院です。11月20日現在 紅葉はまだ緑が残っています。

【期間限定】富貴寺大堂 阿弥陀三尊像御開帳 2019.12.31迄 拝観料 500円

本尊の阿弥陀如来坐像は、一体の姿で長年親しまれてきましたが、富貴寺本堂の改修に伴って脇侍(わきじ)の観音菩薩と勢至菩薩を伴った「阿弥陀三尊像」の姿で御開帳されている。約100年ぶりとなる富貴寺大堂の本来の姿が拝めるまたとない機会となっている。

5.01 か月前

宇佐神宮の宮司である宇佐氏が祈願用に建てた寺院で、国宝に指定されている阿弥陀堂を有しています。
阿弥陀堂は現存する木造建築の寺院としては九州最古のお堂で歴史的にも貴重な一宇です。

4.01 か月前

凛とした雰囲気に背筋がのびる気持ちになりました。紅葉の名所でもあります。真っ赤なもみじとのコントラストを見てみたいものです。

レビュー (0)