宇佐神宮

大分県の観光情報


宇佐神宮3.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

全国に約44,000社ある八幡宮の総本社で、石清水八幡宮・筥崎宮(または鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一つ。
太古からの原生林に囲まれ、鳥居や神門、社殿は鮮やかな朱塗りで、広い境内は綺麗に手入れされており、境内社も多くて神秘的な雰囲気です。
国宝や重要文化財などの建造物が数多く、年間で約150万人が訪れます。
なお、参拝作法は、二拝二拍手一拝ではなく、二拝四拍手一拝とされています。
また、春には約500本のソメイヨシノが、夏には蓮の花が咲き誇り、四季折々の風情を楽しむことができます。

宇佐神宮の祭典は沢山ありますが、7月31日から8月2日の3日間行われる夏越祭り(なごしまつり=御神幸祭)は特に有名です。
特に大勢の参拝客の中を、御神輿三基が頓宮へお下りするとき(7/31)、と頓宮からのお上りするとき(8/2)は賑わいます。
先着した御神輿をかついだ氏子は、その年は豊作になるといわれており、ものすごい先陣争いがあるので「けんか祭り」の異名をとりました。
重さ550kgの御神輿三基がぶつかり合い、担ぎ手も一杯(い~ぱい)飲んでいるためよく怪我人がでました。
一時期、担ぎ手が少なくなり、重たすぎたため牛車に御神輿を乗せたこともありました。
その後1968年から少し軽い御神輿に替わり、また人が担ぐようになりましたました。
神様も夏は暑くて汗をかくようで、夏越(なごし)の「みそぎ神事」が頓宮の斎庭で行われます。
※現在夏越祭りは、参拝しやすいよう7月27日以降の最初の金・土・日に開催するよう変更されています。

参拝料:無料(宝物館有料)
住所 大分県宇佐市大字南宇佐2859
交通 JR日豊本線宇佐駅から大分交通バス中津行きで9分、宇佐八幡下車すぐ

写真提供:(公社)ツーリズムおおいた おおいた風景写真集

目的パワースポット,伝統民俗,神社・寺,観光名所
最寄りの空港/駅宇佐駅 (約3.6km) Google Transit

レビュー (0)