宇佐神宮

大分県の観光情報


宇佐神宮3.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

 宇佐神宮の祭典は沢山ありますが、7月31日から8月2日の3日間行われる夏越祭り(なごしまつり=御神幸祭)は特に有名です。
特に大勢の参拝客の中を、御神輿三基が頓宮へお下りするとき(7/31)、と頓宮からのお上りするとき(8/2)は賑わいます。先着した御神輿をかついだ氏子は、その年は豊作になるといわれており、ものすごい先陣争いがあるので「けんか祭り」の異名をとりました。
重さ550kgの御神輿三基がぶつかり合い、担ぎ手も一杯(い~ぱい)飲んでいるためよく怪我人がでました。子供の頃は怖くて後ろの方からみていました。(実はこれは以前の話で最近は随分とおとなしくなりました。一時期、担ぎ手が少なくなり、重たすぎたため牛車に御神輿を乗せたこともありました。その後1968年から少し軽い御神輿に替わり、また人が担ぐようになりましたました。)
 神様も夏は暑くて汗をかくようで、夏越(なごし)の「みそぎ神事」が頓宮の斎庭で行われます。
※現在夏越祭りは、参拝しやすいよう7月27日以降の最初の金・土・日に開催するよう変更されています。

目的お祭り大好き,観光
最寄りの空港/駅福岡空港 (約86.3km) Google Transit

レビュー (0)