風連鍾乳洞

大分県の観光情報


風連鍾乳洞4.4

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

風連(ふうれん)鍾乳洞は佐伯(さえき)市の北西20kmに位置する鍾乳洞で、洞内部の鍾乳石や壁がとても美しいことで有名だ。奥行きは約500mで、外気の入口が一方にしかない閉塞型をしており、風化や浸食が少なく、美しい白色がみごとに保たれている。閉塞型の環境のため、夏は涼しく、冬も暖かい。

洞窟の一番奥に15ヘクタールにわたって広がるスペースがあり、ここには高さ10m、周囲16mの大きな鍾乳石の堆積があり、数百の柱が連なり、天井からは無数のツララ状の石がぶらさがっている。とても神秘的な雰囲気を醸し出しているため、この場所は日本の昔話の「浦島太郎」に登場する「竜宮城(りゅうぐうじょう)」という名前が付けられている。

目的シュール&クール,スリル満点,パワースポット,家族向け,観光
最寄りの空港/駅松山空港 (約128.4km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

日本一美しいそうです。

500m位の長さで、30分程と言われましたが、鍾乳洞好きなのでのんびりとじっくり見て来ました。あまりお客さんが居なかったのも良かったです(駐車場がたくさんあるので、シーズンだと観光バスが来たりするんでしょうね)。
入口で懐中電灯を貸して貰えるのがとても良いですね。洞内で気になる所を懐中電灯で照らして見る事ができるのは良いです。
変にいろんな色のライトを当てたりせずにしているのもとても良かったです。

残念ながらここではコウモリには出会えませんでしたが、魚が泳いでいるのを見る事ができました。

4.04 週間前

大人1000円
小人700円(小学生以上)

ゆっくり回って、40分くらいです。
早い人なら20、30分くらいだと思います。

あまり大きくないですが、面白い鍾乳石が結構あります。

5.04 か月前

冬の月曜日に行きました。
他のお客さんが居なかったこともあり
主人と二人だけでゆっくりと堪能しました。
静かな鍾乳洞内の雫の滴る音が神秘的にも思え、人が居ないことがかえってラッキーだと思いました。自然の素晴らしさを体感するにはとても良い時に行ったなぁと思います。

4.04 か月前

西日本最大なのか、外気温11℃でも洞窟内は湿度が高く、入り口から出るまで大人の足で30分とあり
懐中電灯🔦も貸してもらいました。 洞窟内の石灰岩がポタポタと地面をはねあげ、石筍が1㎝になるまで、100年かかるそうです。👀 一番奥は、階段があり JAFカードがあると100円オフで900円になりますが、見学しやすく
階段の幅も広く、設備投資にお金をかけているので納得しました。

この洞窟を発見したのは、青年団だそうです。
自然の素晴しさ!感動です。

3.06 か月前

2018/05訪問
地元ローカル感のある場所ながらなかなかに見応えあり。
整備が追い付いていない感が洞内にチラホラ見受けられるが健康健脚ならお年寄りでも問題なさそうです。もう少しアピールしても良いと思うのは他の口コミと同意見です。
因みに何でもない普段の日に行くと貸切状態ですが洞内の案内人は不在のようです・・・料金は同じなのに日によってサービス内容が異なるのは改善されたし。

レビュー (0)