大歩危小歩危

徳島県の観光情報


大歩危小歩危4.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)は、吉野川上流にある一連の細い渓谷地だ。渓谷は8kmにわたり、両岸には大理石による天然の彫刻が立ち並び、動物の形にそっくりなものもある。観光船のクルーズや、激流のラフティングやカヤックが人気を集めている。

めくるめく水流と険しい岸壁がゆえに、大歩危(大きな危険な歩み)と小歩危(小さな危険な歩み)という名前がこの渓流に付けられた。JR土讃線(どさんせん)と国道32号沿いにある展望台からの眺めは最高だ。東側にそびえる国見(くにみ)山(1409m)の反対側には、もう1つの人気の渓谷である祖谷渓(いやけい)が横たわっている。

目的カップル向け,スポーツ,スリル満点,パワースポット,体験,大自然,子供サイコ―,家族向け,山登り,恐怖スポット,日本の秘境,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅高松空港 (約44.7km) Google Transit

レビュー (0)