面河渓

愛媛県の観光情報


面河渓4.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

松山市から40km東に位置する面河渓(おもごけい)は、四国の高峰に囲まれた渓谷だ。V字型に切り込まれた深い谷はおよそ10km続き、標高650mという高い位置にある。西日本でも最も高い山である石鎚山(いしづちやま)(1,982m)の南側斜面を流れている。ここはとりわけ秋の紅葉に時期に人気が高い。

渓谷の入口付近には、周辺の地学的特徴や山伏の修行生活を説明する博物館がある。2つの散策路があり、1つは主に碧く透明な水流や高さ100mの花崗岩の崖を楽しむコースで、もう1つは奇岩・怪岩をめぐるコースだ。キャンプ場から伸びる登山道は、高さ860mにある展望所に通じている。歩きやすい靴を準備すること!

目的ここは行っとけ,カップル向け,パワースポット,一生の記憶に残る,体験,健康になる,大自然,女性好み,子供サイコ―,家族向け,山登り,日本の秘境,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅松山空港 (約38.7km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

水が透明でとても綺麗でした。
8月に行きましたが、気温も平地よりも低く過ごしやすかったです。
ただ、水温は低いので足をつけて遊ぶくらいの気持ちで行った方がいいかも。

5.03 週間前

ここのアマゴは山口県のアマゴと比べると朱斑が恐ろしく派手で大きいです。
例えるなら山口のアマゴは「ピチピチテニス部女子高生」で面河のアマゴは「昭和の呑み屋のママの厚化粧」みたいな感じ。
でも沢山釣れるし美味しいです。
いや、女性の話じゃありませんよ。

5.01 か月前

ここ1,2年のうちに何度か訪れているが、素晴らしい景観。五色河原が散策の拠点と紹介されていることが多いようだが、個人的には、手前の関門部分だけでも十分にダイナミック且つ魅力的に思える。

5.04 週間前

新緑や紅葉の季節は賑わいを見せます。

5.01 か月前

エメラルドグリーンに輝く渓谷です。やがて仁淀ブルーになります。五色河原から遊歩道沿いに10分程度歩くと、第一キャンプ場横の蓬莱峡に到着、さらに5分程度で紅葉河原、さらに奥に進むと、下熊渕、上熊渕、石槌山登山口、虎ヶ滝と、見所一杯です。道はほぼ平坦で、距離は1キロ強、普通に歩いて1時間程度と思います。最も見所の河原でのんびりするなら、1日かけても飽きないと思います。ぜひ五色河原と亀腹の岩壁を見るだけでなく、散策をお勧めします。
 鉄砲石川の口コミを掲載していましたが、新たに登録されたので、そちらに掲載した置きます。同じ面河渓なので、写真は残し鉄砲石川には別の写真(似たようなもの(-_-;))を掲載します。鉄砲石川もキャンプ場周辺までなら時間も掛からず、景観も見事なのでぜひ立ち寄って下さい。

レビュー (0)