面河渓

愛媛県の観光情報


面河渓4.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

松山市から40km東に位置する面河渓(おもごけい)は、四国の高峰に囲まれた渓谷だ。V字型に切り込まれた深い谷はおよそ10km続き、標高650mという高い位置にある。西日本でも最も高い山である石鎚山(いしづちやま)(1,982m)の南側斜面を流れている。ここはとりわけ秋の紅葉に時期に人気が高い。

渓谷の入口付近には、周辺の地学的特徴や山伏の修行生活を説明する博物館がある。2つの散策路があり、1つは主に碧く透明な水流や高さ100mの花崗岩の崖を楽しむコースで、もう1つは奇岩・怪岩をめぐるコースだ。キャンプ場から伸びる登山道は、高さ860mにある展望所に通じている。歩きやすい靴を準備すること!

目的ここは行っとけ,カップル向け,パワースポット,一生の記憶に残る,体験,健康になる,大自然,女性好み,子供サイコ―,家族向け,山登り,日本の秘境,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅松山空港 (約38.7km) Google Transit

口コミ

5.06 か月前

エメラルドグリーンに輝く渓谷です。やがて仁淀ブルーになります。五色河原から遊歩道沿いに10分程度歩くと、第一キャンプ場横の蓬莱峡に到着、さらに5分程度で紅葉河原、さらに奥に進むと、下熊渕、上熊渕、石槌山登山口、虎ヶ滝と、見所一杯です。道はほぼ平坦で、距離は1キロ強、普通に歩いて1時間程度と思います。最も見所の河原でのんびりするなら、1日かけても飽きないと思います。ぜひ五色河原と亀腹の岩壁を見るだけでなく、散策をお勧めします。
鉄砲石川の口コミを掲載していましたが、新たに登録されたので、そちらに掲載した置きます。同じ面河渓なので、写真は残し鉄砲石川には別の写真(似たようなもの(-_-;))を掲載します。鉄砲石川もキャンプ場周辺までなら時間も掛からず、景観も見事なのでぜひ立ち寄って下さい。
霧ヶ迫の滝、虎ヶ滝落ち口、苔の桟道等の画像追加しました。詳しくはYouTubeの「愛媛探検ちゃんねる」に掲載して置きます。そちらも見て頂けたら面河渓の全容が判ると思います。

5.02 週間前

高知から行きましたが、ナビで池川回りの道を案内され、相当な山道で道中不安でしかなかったです。
行くだけでもうクタクタ…
実際の倍くらい時間がかかったような気がしました。正直、この道はお勧めしません。
面河渓に着いた頃にはかなり疲れてましたが、がんばって歩きました。
散策コースがいくつかあるようです。
私は一番手前からスタートの片道20分程の短めコースを歩きました。
川の色が深い緑色や琥珀色だったり、場所や光の加減で様々な表情を魅せてくれます。
水面が光でキラキラしてとても綺麗でした。
往復して一旦車に戻り、そこからさらに車で五色河原まで行きました。五色橋からは平たい岩が並べられたような独特の景観と透明な澄んだ川の水が見られます。
同じ川でも愛媛県では面河川、高知県では仁淀川と呼ばれるのですが、上流域だけあって凄く綺麗。
仁淀ブルーで有名な安居渓谷とはまた違う雰囲気でした。こちらは断崖絶壁の崖みたいなのが迫力ありました。奥へ行けばもっといろいろ見所あるらしいけど、散策で行ける範囲は限られてるようです。
御来光の滝とかは行ってみたくても装備も必要みたいだし、山に慣れた人でないとなかなか難易度高そうです。
今回はこの河原でのんびりして帰りました。遠いけど、また来たいと思える場所でしたね。
帰りは行きと同じ道は通りたくなかったので美川から越知町方面へ行くルートで帰ったら劇的に楽で早かったです。
ナビはあまり信じすぎちゃいけないよ、と良い教訓になりました。

5.0過去 1 週間以内

山岳博物館からスタートし、片道20分間のみ歩きました。それだけでも岩と渓谷の景色を堪能しました。本当はもっと奥深く、もっと美しい景色があるようなのですが、時間が無く断念。事前にきちんと調べて来るべきでした。次回はきちんと準備して奥の方へ行きたいです。

5.0過去 1 週間以内

9月半ばに訪問しました。松山市内から早朝に出発し、四国カルストを走り回り面河渓へ!面河川は仁淀川の源流です。ブルーに透き通る川面を見ることができます。浸食地形とエメラルドグリーンの断崖絶壁、渓谷美が素晴らしいのひと言!自然が創り出した壮大な景色を眺め、しばらく過ごしました。

5.07 か月前

渓谷美

レビュー (0)