錦帯橋

山口県の観光情報


錦帯橋4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

錦帯橋(きんたいきょう)は1673年に建設されて以来、岩国のシンボル的な存在だ。約200mの橋は釘をいっさい使用しない木造の5連アーチができており、巨大な石垣の柱に乗せられ、錦川(にしきがわ)を横切っている。東京の日本橋、長崎の眼鏡橋とならび、日本の三名橋の1つに数えられている。

この橋は中国・杭州の6連アーチの橋がモデルとなっており、川の洪水に耐えられる丈夫な橋をつくるように当時の藩主が建設を命じたもの。300年近く形を保ち続けたが、1950年の大型台風で破壊されるに至った。今日の橋は、オリジナルを完全に復元する形で、1953年に再建されたものだ。毎年、4月の第4日曜日に「錦帯橋祭り」が開かれ、3千本のサクラの花が飾る美しい景観が人々の心を和ませる。

目的カップル向け,シニア向け,桜花見,観光名所
最寄りの空港/駅松山空港 (約61.4km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

春の桜のシーズン🌸は本当にオススメで、あまりの桜の多さにビックリします。

錦帯橋を渡るのに¥300必要ですが、夜間は無料になり、ライトアップもされていてとてもキレイです。
駐車料も必要ですが、昼と夜の両方訪れて欲しいです。

雨の後は川の流れも速いし、水量も多いので音にビックリしますが、毎年春になると訪れたくなる場所です。

5.01 か月前

岩国市を流れる錦川にかかる錦帯橋。
1673年、両岸に広がる城下町を繋ぐ橋として、岩国藩主・吉川氏によって建造されました。

5連の木造アーチ橋が織りなす美しい光景は日本三名橋の一つにも数えられ、山口県を代表する観光地として人気です。

橋の全長は193m、アーチ部分の最高点は川床から約13mもあるそうです。

それまでは橋を架けても洪水の度に流されるという事態の繰り返し。
「流されない橋を」という悲願のもとで研究が重ねられ、中国(当時は明朝)の絵図「西湖遊覧志」にあった連続する小島と、それを繋ぐ橋をヒントに造られたといいます。

当時の土木建築技術の粋が集められており、特にアーチ部分の精巧さと強度は、現代力学においてもまったく遜色ないものなのだそうです。

眺めるだけなら当然無料ですが、渡るには310円の通行料がかかります。

わりと下流の方なのに、川の水がとても綺麗だな感じました。
水が綺麗だから岩国市のお酒は美味しいのかなと思いました。

見た目通り、渡り甲斐のある橋でした。

4.09 か月前

2度目の訪問。
なんとロープウェイが点検でした。

4.02 か月前

平日だったからか凄く人が少なくユックリ出来ました🍀桜の季節は最高なのでしょうね☺️又行きたいと思います☺️白蛇さんも‥頭にハートの形があると言われ一生懸命見ましたが分かりませんでした(笑)次は分かると良いな!ソフトクリーム屋さん珍百景に紹介されたらしいです☺️100種類以上のソフトクリームがあるそうですw

5.07 か月前

近くに店がたくさんあり繁盛してました。

橋もアップダウンが続き、このようなつくりの橋は日本でもここだけだけだと思います。

写真はありませんが、山上の岩国城も見上げて綺麗でしたよ。
山は岩国城の方が高いですが
麓に川があり、山上の岐阜の郡上八幡城と景色が似ていました。

川も綺麗でした。

レビュー (1)

X27

この橋は木の一つ日本の美しい橋。 その個性的な姿と吉香公園の美しい風景は、一年中旅行者の多くを引き付けます。

この橋は木の一つ日本の美しい橋。
その個性的な姿と吉香公園の美しい風景は、一年中旅行者の多くを引き付けます。


This bridge is one of the tree beautiful bridges in Japan.
Its unique figure and beautiful scenery of the Kikko park attract lots of travelers all year round.

続き閉じる

すべてのレビュー

旅行プラン