秋芳洞

山口県の観光情報


秋芳洞4.4

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

秋吉台にあるこの洞窟は、アジアでもっとも大きな鍾乳洞(しょうにゅうどう)。天井の高さは平均30mあり、約10kmにわたって広がり、うち1kmが一般公開されている。この台地はかつてのサンゴ礁で、数百万年をかけて雨水で徐々に浸食され、カルスト地形として知られる現在の姿になったものだ。

秋芳洞の代表的なスポットである「黄金柱(こがねばしら)」は、縦縞のある黄色がかった巨大な柱で、高さは15m、幅は4mもある。他にも、水をたたえた石灰石のテラスが無数に形成されている「百枚皿」や、直径5mにもいたる山型の柱、天井から雨だれのようにぶら下がる鍾乳石など、さまざななタイプの天然の彫刻を見ることができる。地下水の川が流れており、しっかりしたウォーキングシューズが必要。エレベータ出口から歩いて10分ほどのところに秋吉台を見晴らせる展望台がある。

目的シュール&クール,スリル満点,パワースポット,大自然,子供サイコ―,家族向け,観光名所
最寄りの空港/駅福岡空港 (約105.6km) Google Transit

口コミ

3.01 週間前

大規模な鍾乳洞で見どころもたくさんありますが、演出が寂しい感じ。ライトアップをもう少し派手にしても良いのではと思いました。
また、遊歩道も狭くはないのですが、すれ違いが多いので道の両サイドをゆっくり見るのを躊躇うことがありました。洞窟の両端に入口がありますが、大半の入場者は往復して入場口に戻ることを考えると、道も上りと下りで分かれていたら良いのにと思いました。狭いところは無理でしょうけど、行程の大半で十分余裕があると思います。

5.0過去 1 週間以内

鍾乳洞大きさ規模凄い、色んな鍾乳洞の
形有り見る価値有り、猛暑の日行きましたが鍾乳洞の中とても涼しく観光する事出来ました。

3.01 週間前

秋吉台の地下約100mにある、日本最大級の鍾乳洞です。約3億5千万年前~2億2千万年前に誕生したサンゴ礁が地殻変動によって陸地化したといわれています。地下で石灰化したサンゴ礁が、長い間に地下水などに溶け洞窟となりました。総延長は8.9km。洞内では6種類のコウモリ、アキヨシミズムシなどの固有種や珍しい生物が見られます。公開されているのは約1km。正面口、黒谷口と秋吉台展望台から約300mのエレベーター口からも入洞できます。敷地内(洞内)は整備が行き届き、女性や家族連れも安心して見学できるように配慮されています。スピリチュアルなパワースポットとして人気があります。じっくり探索して1~2時間、洞内は17℃前後なので、夏でも長袖があったほうがベターです。また、滑りにくい靴を履かれることをおすすめします。*JTBより一部抜粋

4.01 週間前

こんな大きな鍾乳洞があるんですね!
スケールにびっくり!
わざわざ行く価値あり。

駐車場から入り口までも、鍾乳洞の中もなかなか歩きます。
鍾乳洞の中は往復するか、片道で地上に上がりバスなどで戻る感じです。

滑りそうな場所もあるのでスニーカーかスポーツサンダルが良いと思います。
中は気温が低いので夏も羽織るものがあるといいと思います。
当然ですが、トイレは行きに済ませましょう!

冒険コース的なコースもあり、懐中電灯でパパと子どもは冒険してました。
スカートのママは断念。

鍾乳洞?とか興味なくても、行く価値あり!です。

2.01 週間前

2020/08下旬。んー、洞窟は素晴らしいが管理が今ひとつ。

1.殆どのライトが6000kくらいの純白LED。高周波フリッカー(ちらつき)が目に痛く、人によっては頭が痛くなるし、光が広がらないから暗い所まで光が届かずとにかく洞窟全体が見づらいことこの上ない。
エコ、節電、長寿命を取ったつもりかもしれないが足場も暗く大変危険。有識者?観光局?いったい誰がLEDのライト採用を決めたのか。こういう洞窟は最低でも電球色、もしくは本物の電球に限りますよ。

2.入り口にだけコロナがいます。マスク着用を義務づけるも、受付さえ通り過ぎたら完全自由。洞窟内にもスタッフゼロなので皆さん気兼ねなく探索できて大変楽しいかと思います。

3.湿気100%オーバー、洞窟内に設置されているベンチはびしょ濡れです。スタッフ誰も管理しに来ないのでそのまま座ったら大変なことになります、ご利用の際は要注意を。

レビュー (0)