秋芳洞

山口県の観光情報


秋芳洞4.4

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

秋吉台にあるこの洞窟は、アジアでもっとも大きな鍾乳洞(しょうにゅうどう)。天井の高さは平均30mあり、約10kmにわたって広がり、うち1kmが一般公開されている。この台地はかつてのサンゴ礁で、数百万年をかけて雨水で徐々に浸食され、カルスト地形として知られる現在の姿になったものだ。

秋芳洞の代表的なスポットである「黄金柱(こがねばしら)」は、縦縞のある黄色がかった巨大な柱で、高さは15m、幅は4mもある。他にも、水をたたえた石灰石のテラスが無数に形成されている「百枚皿」や、直径5mにもいたる山型の柱、天井から雨だれのようにぶら下がる鍾乳石など、さまざななタイプの天然の彫刻を見ることができる。地下水の川が流れており、しっかりしたウォーキングシューズが必要。エレベータ出口から歩いて10分ほどのところに秋吉台を見晴らせる展望台がある。

目的シュール&クール,スリル満点,パワースポット,大自然,子供サイコ―,家族向け,観光名所
最寄りの空港/駅福岡空港 (約105.6km) Google Transit

口コミ

5.03 週間前

何十年ぶりだろうか、確か中学校時代に来た覚えが…。😅
当時は友達同士ぺちゃくちゃ喋りながらの見学。
しかし、今回はじっくりと見学しました。
神秘的としかいいようのない景色と水の音色が心地よく、なんだか清々しい気持ちになれたのは私だけでしょうか。
とても、よかったです😃

5.02 週間前

鍾乳洞は色々回ってきましたが、ここは他とは全然違う驚きがあります。
一般的な鍾乳洞は道が狭くて頭を低くしないとぶつかる印象ですが、ここはむしろ広すぎます。まぁ柵で道は出来てますが、とにかく中の空間が大きくて圧倒されます。もう地下帝国ができそう。
まぁ多少狭めな箇所も有りますが、それでも外多数の鍾乳洞よりは広いです。
その広さのおかげか、ライトアップもキレイに見栄え良くなされています。

気を付けるのは所要時間ですかね。
一本道の突き抜けになっているので、最終的に同じ道を引き返すか、外に出てタクシー、バスを使うかで所要時間も大きく変わってきます。なんと言っても片道30分はかかるので
お土産屋も閉まるのが早いです。
ゆっくり帰ってくると鍾乳洞にはまだ人がいるのに外には人がほとんどいない、なんてことになります。
時間には気をつけないといけません

5.01 週間前

洞窟好きでもないと面白くないかなと思ってたんですが、これはもう圧倒的なスケールの観光地でした。修学旅行で無理にいかされたイメージとか、地味イメージで損している。近ければ何度でも行きたい!冒険コースは下りに注意。しかし、わくわくどきどきで楽しかったです。岩肌を近くに感じたし、貴重な体験でした。

4.01 か月前

夏に入れば涼しく、冬に入れば暖かい。
入った中の広さに驚かされ、自然の大きさ、力強さに感動を覚えます。
入洞してすぐ、左手に300円の別料金で行ける探検コースがありますが、これはおすすめ!
スニーカーでなければしんどいくらい足元悪いですが、かなり上まで登れるので秋芳洞を上から奥の方まで見下ろせる絶景スポットになります。
写真を撮るにはISO3200でSS1秒は欲しいです。

一番奥まで行くと、昭和時代に開通したという黒岩洞窟に繋がり、そのまま反対側に出れます。
しかし!反対側に出てしまうと、帰る手段がバスがタクシーのみに…そして、バスは土日のみ、300円の乗り合いタクシーは一・二時間に一本です。ちなみに、タクシーで戻ると1000円くらいとのこと。
程よいところで引き返すことをオススメします。個人的には大黒柱くらいで十分かと。

洞穴奥は湿度も高く汗だくになりますので、タオルやハンカチはあると嬉しいです。

5.01 か月前

山口旅行3日目に訪れました。

長門市から車で山々を超えて。

洞窟内に入る前から、緑豊かで、綺麗な川もあり、普段の都会の雑踏を忘れ癒やされます。

洞窟入り口をくぐると、一気に暗くなり、少し進むとひんやり。

行ったのが10月頭でまだ日中は太陽が照ると少し暑い季節。

洞窟内は凄く涼しい。

しかし、迫力が凄い。

これが天然で出来たと思うと、自然の神秘を感じるとともに恐ろしくもある。

約1kmくらいの観光コースを写真を取りながら進みます。

所々写真スポットがあり、写真を撮りながら進むのでペースは遅め。

個人的に百枚皿は圧巻でした。

レビュー (0)