識名園

沖縄県の観光情報


【世界遺産】識名園4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

識名園(しきなえん)は18世紀の末に、琉球王家の保養地ならび迎賓館として建てられた。この回遊式の庭園は、当時中国からの使者を迎え入れたと言われ、中国、日本、沖縄のスタイルが融合されている。小島が浮かぶ池の回りを散歩し、周囲の築山や果樹園などをゆったりと巡ることができる。

池の小島に架けられた石灰岩のアーチ橋や、池の一角に建てられた六角堂は、中国様式を取り入れている。庭園に清水が湧いており、石灰岩の壁で囲まれているこの泉には、天然記念物である紅藻の一種が生息している。御殿の建物の中で、池の景色をながめがら、ブクブク茶(炒ったコメの泡と砕いたピーナッツが乗せられたジャスミン茶)を味わってほしい。

目的シニア向け,世界遺産,観光名所
最寄りの空港/駅那覇空港 (約6.4km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

今年1月に初めて行きました。沖縄本島は、何回か来てますが、昨日世界遺産の首里城が火災で燃えてしまったニュースに、ここは大丈夫だったかな?と心配です。
園内は、ご年配の方には歩きずらいかも?で団体の旅行客はいなくて、高貴な方の沖縄のお住まい?だと思います。庭がすばらしくて、見応えあります。

4.04 週間前

2000年に世界遺産になった琉球王家の庭園であり、戦時中は病院となっていた場所。一周40-50分くらいの庭園。中は飲食禁止。展示キャプションは日英。人が少なくゆっくりできる。
野趣溢れる足場の小路もある。ヒールは無理。虫除けあった方がよい。

4.02 か月前

前から行ってみたかった王家の別邸。中国からの客人を迎えるときなどに迎賓館としても使われていたらしいです。
私は少しだけ、京都の修学院離宮の浴竜池を何故か思い出しました。建物は、本当に無駄のない落ち着いたたたずまい。風がふくとなんとも心落ち着く場所でした。又訪れたいです。

3.04 か月前

中国的な様式や雰囲気がありますが、あくまで沖縄との融合という感じで、不思議な感じがします。池に浮いている藻のようなものが、景観的にはイマイチに感じられました。同じ藻類でも、園内にある、信じられないほど透き通った水の湧く育徳泉に生息するシマチスジノチは天然記念物だそうです。

5.01 週間前

琉球八社のついでに寄りました。
沖縄の友人親子と行きましたが、沖縄の方なのに来るのは初めてということで「こんなとこがあったんだー!」と言ってました。
癒やされる場所です。

レビュー (1)

X16

琉球王国の時代に戻って取る、識名園の散策、毒ヘビのハブに注意してください。私は冗談します。ハブは夜行性の動物と臆病者です。

琉球王国の時代に戻って取る、識名園の散策、毒ヘビのハブに注意してください。私は冗談します。ハブは夜行性の動物と臆病者です。

Strolling around the Shikinaen takes you back to the era of Ryukyu Kingdom, but be careful of poisonous snake habu. I'm joking. Habu is a nocturnal animal and coward.

続き閉じる

すべてのレビュー