玉泉洞

沖縄県の観光情報


玉泉洞4.2

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

沖縄本島の南端部にあるこの鍾乳洞は、長さが5kmに及び、日本で2番目の長さがある。地層には大量のサンゴ礁が含まれており、鍾乳石の成長のスピードは速く、その規模も大きい。見どころとしては、幅20m・高さ2.5mに及ぶ巨大な岩、つらら状に2万本の鍾乳石がぶらさがる天井、形成に10万年以上を要する石灰岩のカーテンなどがある。

一般観光客に公開されているのは850mのルートだが、予約による夏季限定で、ヘルメット、ヘッドライト、手袋、オーバーオールなど、洞窟探検のフル装備でガイドつきの冒険ツアーに参加することができる。ときに狭い穴ぐらを四つん這いで移動し、腰まで浸かる水の中を歩いたりしながら、とても珍しい鍾乳石を見学できるコースだ。洞窟の周辺では、吹きガラス、染め物、地元ダンスを体験できるワークショップがある。

目的スリル満点,体験,大自然,家族向け,日本の秘境,観光名所,超メジャー
最寄りの空港/駅那覇空港 (約12.3km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

沖縄本島有数の鍾乳洞。
案内図では30分ほどで回れるとされているが、実際にはそれ以上のゆとりをもっておくと吉。
各所でライトアップが行われていて幻想的。
天井から地下水が染み出しているので、意外と濡れる。電子機器を扱う際は要注意。
入口と内部にカメラスタンドあり。入口はスタッフが撮影して内部は自動撮影。
撮影した写真は出口でポストカードサイズに印刷されてプレゼントされる。有料で大きなサイズのものもある。
公開エリア以外に非公開の研究用の保存エリアがある。

5.07 か月前

歩きやすい見学歩廊が整備されているので、とてもよいです。
ゆったりとしたやや下り坂の洞内をあるいて辿り着いた出口では、エスカレーターで地上に復帰します。
やっぱり、洞内は涼しかったのだなぁ~と時間しながら、エスカレーターに乗ってました。

地上に出ると、植物園や土産物屋さん、いろいろな体験コーナーなどを見ながら歩き、先ほど下った堂内入り口まで戻ります。
往復で1時間くらいでしょうか。

鍾乳洞の見学が終わったら、バブ圓へ向かいましょう。

5.06 か月前

全長5000メートルの鍾乳洞のうち、890メートルが公開されているそうです。
1キロ近くも同じ風景で子供たちが飽きないかな?と思っていましたが、場所によって鍾乳石の表情が違い、全く見飽きませんでした。
是非また訪れたいです。

4.07 か月前

見学の所要時間は約40分弱でした。洞窟内は予想以上に暑かったので、あまり厚着をして来るのはオススメできません。順路は上手い具合にライトアップされていて、幻想的な鍾乳洞の世界を楽しめます(^^)変わった形の鍾乳石が多く、自然が作り出す造形美を堪能できました☆

ただ人が多いため順路に人の流れができていて、立ち止まって写真を撮ろうにもそう出来ないシーンも多々ありました。。。他の方のレビューで「同じ景色が続くので飽きやすい」というものがあります。確かにその通りな感じがあり、順路後半になると飽きてしまって「もういいや」と思っている自分がいました(^^;)

鍾乳洞を出ると長いエスカレーターを上って地上に出ます。そこは王国村になっていて、休憩したり、お土産や地元ならではの品々を購入したり出来ます☆

不満に感じたのは洞窟内に入る前に、入場者全員に対して撮影サービスをしていたことです。これがあるお陰で入場口に長蛇の列ができ、余計な時間が生まれていると思います。撮りたい人だけ撮るようにすればいいのになと、思いました(^^;)

4.05 か月前

スパーエイサーが迫力が有りとても楽しかったです。
旅行の思い出になりました。

レビュー (1)

X20

それは、自然の素晴らしさは!

それは、自然の素晴らしさは!


It's a natural wonder!

続き閉じる

すべてのレビュー