マリユドゥの滝

沖縄県の観光情報


マリユドゥの滝4.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

マリユドゥの滝は西表島の北西部にある巨大な渓流滝で、トレッキングや自然観察の愛好者を集めている。滝は2段階に緩やかに流れ、落差は20m足らずだが、幅50m、長さ200mのダイナミックな広がりを見せ、直径130mの大きな滝壺に流れ込んでいる。「マリユドゥ」とは地元の言葉で「丸い淀み」を意味する。

滝に向かうためには、まず浦内(うらうち)川の河口から遊覧船に乗り、珍しい熱帯野鳥が生息するマングローブの森を10kmほど上っていく。自然散策路を45分ほど歩くと滝に到着し、さらに250m先にはもう1つの滝も見ることができる。散策の途中で天然記念物となっている巨大なトカゲ(体長最大30cm)に出会うかもしれない。また滝の眺めがよい展望所もある。

目的カップル向け,スリル満点,パワースポット,大自然,子供サイコ―,家族向け,山登り,日本の秘境,日本の離島,観光名所,2回目の日本に最適
最寄りの空港/駅那覇空港 (約441.2km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

遠くの展望台から見たので迫力があるわけではありませんが、遠いだけあり音はほぼ伝わって来ないので何か神秘的な雰囲気があります。

4.07 か月前

以下は西表横断道で島を横断する場合の話になります。
マリユドゥの滝の少し先のカンピレーの滝までは観光用の道が整備されていますが、その先の「横断道入口」看板通過後は一変して荒々しい山道になります。
ピンクテープが常に目視できる範囲につけられているので、それを意識すれば迷いはしないと思われます。しかし、道中は意外と高低差があり、滑りやすく、ヒルがまとわりつき、南側の林道に出るまでおよそ 8 時間展望が全くない悪路を歩き続けることになります。
正直人に勧める気にはなりませんが、ヘゴ、リュウビンタイ、オオタニワタリなどのシダ天国を満喫でき、南側林道にある展望台からの眺めは壮観です (展望台は南側から簡単に行けますが)。3 月頃にはホタルが見られるそうです。

西表横断道に入る場合、事前に申請が必要で、かつ 2 人以上のグループである必要があります。一人の場合はガイドを雇うという手も取れます。
軍艦島までの船は定期便だと一番早くても 9:00 発。時間的にやや厳しいので私はチャーター便を依頼しました 。チャーター便の場合、一番早くて 7:30 発で、料金は 10000 + 一人あたり 2200 円、ただし 4 人未満の場合は 4 人分の料金 (18800 円) になります。(* 2020/01 時点)
道中は渡渉が必要な箇所が多数あるため、靴は長靴がおすすめです。雨量によっては増水して渡れなくなる箇所が出てくるそうで、船着き場で状況を聞いておいたほうがいいでしょう。

2.08 か月前

日本の滝100選らしい。

トレッキングコースの難易度はビギナー級。
ちびっ子向け。
程よい気分転換にはなる。

何度も来島してたり長期滞在してて
全てのアクティビティをやり尽くして、
やることがないならいいが
ここのトレッキングで時間を使うなら
ガイド付きの島のアクティビティに参加した方が、
より観光を楽しめるでしょう。

5.010 か月前

大迫力でした!
船着場からの道も歩きやすく、ほどよい秘境感で道中も楽しめました。
1時間後の船で帰るつもりなら、サクサク見て、歩いていかないとあまり時間に余裕がないかもしれないです。

3.08 か月前

浦内川の観光船で散策ルートの入り口まで送ってもらい、そこから片道1時間弱歩けば滝が見えてきます!ひと時の自然との対話をしましょう!Tシャツ短パン運動靴で問題ありません!西表島に来たら手軽に行って見て下さい!

レビュー (0)