伊計島

沖縄県の観光情報


伊計島4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

勝連(かつれん)半島の北東側から、車で海底トンネルをくぐり、平安座(へんざ)島・宮城島を経由して2つの橋をわたるとこの小さな島に到着する。
この島に到着するまでのルートは沖縄で絶好のドライブコースで、赤い大きな橋(伊計大橋)をわたると、のどかなさとうきび畑と真っ白なビーチの光景があなたを待ち受けている。

ここには大泊(おおとまり)ビーチと伊計ビーチの2つのビーチがあり、水の透明度は沖縄本島のビーチの中でもトップクラスに高いで白い砂浜と透明の水を思う存分堪能できる。
どちらのビーチも沖縄本島の湾の方向を向いているため一年中風が緩やかで、キャンプ、フィッシング、マリーンスポーツで人気がある。
夜の星空は格別で、ウミガメが卵を海に来る場所でもある。

住所:沖縄県うるま市与那城伊計1012番地
入場料:施設管理料として大人500円、小人300円(駐車場利用やシャワー・更衣室利用、貴重品のお預かり含む)
交通:那覇空港からは約50km、沖縄自動車道・沖縄北IC経由で1時間30分程度。

目的スポーツ,海・ビーチ,子供サイコ―,家族向け,日本のリゾート,遊ぶ
最寄りの空港/駅那覇空港 (約39.8km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

入場料500円で、駐車場とシャワーを利用できます。テントや浮き輪などはレンタル可能です。基本持ち込み不可で、中々な殿様商売ですが、競合がいなければこうなるのも必然。不満なくシュノーケリングを満喫できました。

2.0過去 1 週間以内

有料(500/人)は駐車場、トイレ更衣室込だから安さすら感じる。ただ熱帯魚が餌付けされていて近くに寄ってきて追いかけられて怖い。別で来てた観光客が目の前で餌をあげてて引いた。自然のままではないです。

1.08 か月前

高い入場料
高い飲食物
あまり愛想の良くない店員
中途半端な整備

正直ここに来るメリットはありません。
泳ぎ目的じゃない(ビーチ散策など)の人は来ない方が良いです。別のビーチへ行きましょう

4.01 か月前

先日、初めて訪れました。

本土出身の友人にシュノーケリングの楽しさを知ってほしかったので、確実に魚が見れるこのビーチへ連れていくことを決めました。

3月中旬でシュノーケリングは厳しいかと思っていたのですが、ビーチに着くと意外とお客さんが泳いでいたのでビックリ。
3月中旬の沖縄とはいえ海水はけっこう冷たいです。気温25度あたりで暑い日でしたが入水時にはかなり覚悟がいります(笑)
陽が出ていれば海水温も上昇するので意外と泳げますが、曇りだと海水も冷たくなるので厳しいです。

施設についてはシャワー室がもう少し設備が整っていればいいなと思いました。シャワー室は個室ではありません。一つの部屋にシャワーがいくつかあるだけです。
シャワーカーテンもなければ、仕切りもないのでお客さん同士、裸が丸見え。着替えにくい造りです。銭湯に行く習慣がない沖縄県民にとって、知らない人の裸を見ることはとても抵抗があります(笑)お客さんの中で外国人の方もいらっしゃいましたが、私と同様シャワー室を利用することに抵抗があるようでした。せめて、シャワーカーテンなどがあれば使いやすくはなるかなと思います。

トイレは綺麗に掃除はされていますが、少し臭いが気になりました。

他の口コミではビーチが有料であることに対して不満が書かれていますが、私は有料に賛成です。無料のビーチだと人が溢れかえるし、ゴミなども散乱して海が汚れてしまいます。沖縄には無料のビーチも多いので、金銭的な面で納得いかない方がいれば大泊ビーチに行かなければいいと思います。

接客に対しても特に不満はありませんでした。3月に訪れたので泳げるのかどうか心配でしたが、駐車場へ入る前に泳げる水温かどうか聞いたら親切に教えてくれました。

個人的にはこのまま有料のビーチであってほしいです。またこの大泊ビーチへ行く計画をたてています。一人でもシュノーケリングが楽しめそうなので近々また来ます。

5.05 か月前

魚と泳げる大変美しいビーチです。
有料の点は賛否あるようですが辺鄙な場所にあるシャワーやトイレ、
駐車場代として1人500円は高くは無いとも思います。小さな島の地元の方々の貴重な収入源にもなっているのではないでしょうか。

思いがけず迷い込んでしまいましたが、大変美しく2日連続で訪問させてもらいました。
確かに色々と有料ではありますが、その分人が少なく隠れ家的です。
係の人も最後まで手を振って見送ってくれる温かい方々ですよ。

レビュー (0)