東林院(沙羅双樹の寺)

京都府の観光情報


東林院(沙羅双樹の寺)3.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

妙心寺境内の東側に位置。1531年(享禄4)、細川氏綱が父の菩提を弔うために建立。本堂前庭には、十数本の沙羅双樹の木があり、その花が美しい寺として知られる。見ごろとなる季節には、沙羅の花を愛でる会(6月15~30日)を開催。特別公開される。住職手作りの精進料理が食べられる宿坊としても有名。火・金曜には精進料理体験教室が開かれる。

目的シニア向け,日本についての知識プロ向け,暇なら寄ったら?,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約36.4km) Google Transit

レビュー (0)