皇居

東京都の観光情報


皇居4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

東京の中心部にある皇居は、かつての江戸城の跡地に広がっており、広大な庭園があり、堀や石垣で囲まれている。江戸城は15世紀にさかのぼり、17~19世紀には徳川幕府の中枢として機能した。お城の天守閣は、ロンドン大火(1666年)に匹敵する江戸の大火(1657年)の際に焼失し、その後、再建されることはなかった。

徳川幕府は1868年に終焉を迎え、天皇家は住居(御所)は京都から東京に移されることになった。皇居の敷地の中は基本的に一般公開されていないが、12月23日の天皇誕生日と、1月2日の年頭挨拶のときに皇室ファミリーがバルコニーに登場する姿を見ることができる。正門近くにある通称「めがね橋」は、写真スポットとして有名だ。

目的桜花見,観光名所
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約15.4km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

初めて皇居に参拝しました、天皇陛下御即位の際の大嘗祭の建物を壊す前と思い
現代と江戸文化の共存共栄を見られます。 
周りの歴史探訪に楽しめます。

5.01 週間前

参賀の日は晴天に恵まれます。世界最古の王室、誇りある歴史、壮大な美しさ、日本の中心の場所。素晴らしいです!

4.01 週間前

都会の騒々しさからタイムスリップして静けさの中へ~歴史の検証するのも楽します。

5.04 か月前

東御苑に行きました。追手門を入り、富士見櫓方面に上がりました。蝋梅や梅が咲いていて良い香りです。大嘗宮解体の為、天守台には抜けられず、一度戻って、二の丸庭園をみて、梅林坂を登り天守台に行きました。が、解体工事中で上れませんでした。広々として、お庭の整備が行き届いていてきれいです。石垣もとても立派、さすが元将軍の居城。切り込み剥ぎの石垣が続き、算木積みの美しい曲線がそそりたち、ため息が出ます。北詰橋門から退場し、お堀沿いに石垣をみながらぐるっと桔梗門まで戻りました。東京駅からすぐです。無料です。入場時、手荷物検査があり、番号札をいただいて入場します。周りにビル群と対照的な静けさの皇居は何度行っても、良いです。

5.02 か月前

皇居の一般参観に参加してきました。古式ゆかしき日本古来の建物、映画のセットのようでもあり、現代建築に比べればあっさりしたものでした。大嘗宮は、神聖で崇高な建物でしたが、見学の人が多くて、厳かな気持ちで拝見するって感じではなく、写真を撮りながら足早に通り抜けました。天皇陛下がこの建物で国家・国民のために安寧と五穀豊穣などを感謝し祈念されました。
大嘗宮を実際に見ることができて本当に良かったです。日本語のツアーが一番最後に出発するのは、団体行動に慣れている安心感からでしょうか。午後の日本語のツアーは売店が閉まる直前に戻ってくるので、ツアー出発前に買い物を済ませることをオススメします。 …

レビュー (2)

X11

私達の皇室では、最初の天皇、神武天皇即位にスローされた世界と 660BC に戻ってその起源日程で最古の世襲君主家族です。現在の天皇は私たちの歴史の 125 の皇帝です。 皇居は、約 300 年間に居住する徳川 15 歴代将軍は、世代から世代へ 19 世紀の中間ま...

私達の皇室では、最初の天皇、神武天皇即位にスローされた世界と 660BC に戻ってその起源日程で最古の世襲君主家族です。現在の天皇は私たちの歴史の 125 の皇帝です。

皇居は、約 300 年間に居住する徳川 15 歴代将軍は、世代から世代へ 19 世紀の中間まで江戸城に使用されます。

皇居は、年間を通していくつかの occations を除く公衆に閉じましたが、皇居の東御苑のまま公開どこ城タワー、城、二の丸 (第 2 城の建物) のコアと三の丸 (3 城ビル) が存在していた。江戸城はこれまで日本に建設された最大の城です。

私達の皇室について説明しながら城の詳細を説明します。お楽しみください。

Our imperial family is the oldest hereditary monarch family in the world, and its origin dates back to 660BC when the first emperor, Jimmu, ascended to thrown. The present emperor is the 125th emperor in our history.

Imperial Palace used to be the Edo castle until the middle of 19th century where 15 successive Shoguns of Tokugawa resided for nearly 300 years from generation to generation.

Although the Imperial Palace is closed to the public except several occations throughout the year, the east garden of the Imperial Palace remains open to the public where the castle tower, the core of the castle, Ninomaru (2nd castle building)and Sannomaru(3rd castle building)existed. Edo castle was the biggest castle ever constructed in Japan.

I will guide you the details of the castle while explaining about our imperial family. Please enjoy

続き閉じる

ROSEさん

御所は無料で行を満喫する適当な場所、北庭は無料で、非常に美しいです。 皇居から遠く、お寺のような丘の中腹の深い 2 つの小さな白い家エコーを見た。 皇居二重橋ゲート、警備隊ポストの周りに立って、それらを見ての訪問者を許可されていませんのガード...

御所は無料で行を満喫する適当な場所、北庭は無料で、非常に美しいです。 皇居から遠く、お寺のような丘の中腹の深い 2 つの小さな白い家エコーを見た。 皇居二重橋ゲート、警備隊ポストの周りに立って、それらを見ての訪問者を許可されていませんのガード、厳粛な外観。 インペリアル ・ パレス ・ プラザ周辺舗装砂利がいっぱいです。 小石元のセキュリティ対策は、高度監視装置のない古い場合誰かまたは砂利を踏んで、馬があるサラサラ音、人々 は警告および防衛としてそれらを知っているので。

皇居是个适合自由行仔细品味的地方,北边御苑是免票的,里面很漂亮。远远地看皇居,犹如深藏在山坡上的庙宇,只见两个小白楼交相呼应。皇居二重桥的门,有警卫站岗,不允许游客进入 ,站在旁边看着他们换岗,煞有介事的样子。环绕皇居广场的路面铺的全是碎石子。这些鹅卵石是原始的保安措施,据说原来没有先进的监控设备,如果有人或者马过来的话,踩在碎石子上会有沙沙作响的声音,这样宫内的人就会知道他们以此作为一种预报和防御。

訪問時期2010年 6月

続き閉じる

すべてのレビュー