仁和寺

京都府の観光情報


【世界遺産】仁和寺4.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

1994年に古都京都の文化財の一つとして世界遺産に登録された仁和寺。
歴史ある建物の内部は寺院というよりまるで城のよう。桜と紅葉がとても美しいことで有名ですが、桜が満開になるのは4月中旬~下旬と遅め。桜の名所の多い京都で季節の最後を飾ります。
砂利が敷かれた広大な道は日差しを遮るところがほとんどなく、空が広く感じます。そして、心が洗われる道として、「浄心の道」という名がつく山門から参道までのまっすぐな道。ここを歩くと、心に爽やかな風が吹くかのような気持ちになります。
重々しくどっしりとした印象の御影堂や、36メートルと迫力ある五重塔、金道や観音堂等、見どころが沢山です。

目的お祭り大好き,シニア向け,世界遺産,家族向け,桜花見,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約36.5km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

仁和寺(にんなじ)は、京都府京都市右京区御室にある真言宗御室派総本山の寺院。山号は大内山。本尊は阿弥陀如来、開基は宇多天皇。「古都京都の文化財」の構成資産として、世界遺産に登録されている。
皇室とゆかりの深い寺(門跡寺院)で、出家後の宇多法皇が住んでいたことから、「御室御所」(おむろごしょ)と称された。明治維新以降は、仁和寺の門跡に皇族が就かなくなったこともあり、「旧御室御所」と称するようになった。
御室は桜の名所としても知られ、春の桜と秋の紅葉の時期は多くの参拝者でにぎわう。『徒然草』に登場する「仁和寺にある法師」の話は著名である。当寺はまた、宇多天皇を流祖とする華道「御室流」の家元でもある。
普段は境内への入場は無料であり、御殿・霊宝館の拝観のみ有料となる。ただし、御室桜の開花時(4月)に「さくらまつり」が行われ、その期間は、境内への入場にも拝観料が必要となる。
宿坊で宿泊客を受け入れている。御室会館のほか、「松林庵」(しょうりんあん)を改修して高級宿坊としている。
仁和寺は平安時代初期、光孝天皇の勅願で仁和2年(886年)に建て始められた。光孝天皇は寺の完成を見ずに翌年崩御し、遺志を引き継いだ宇多天皇によって仁和4年(888年)に落成した。当初「西山御願寺」と称され、やがて年号をとって仁和寺と号した。
宇多天皇は出家後、仁和寺伽藍の西南に「御室」(おむろ)と呼ばれる僧坊を建てて住んだため、「御室(仁和寺)御所」の別称がある。仁和寺の初代別当は天台宗の幽仙であったが、宇多天皇が真言宗の益信を戒師として出家したのを機に、別当を同じ真言宗の観賢に交替させて真言宗の寺院として定着。その後は宇多天皇の子孫が別当を務めてきた。

5.01 か月前

個人的な話ですが父方が四国の出身で縁がある寺が御室派です。この本山が御室仁和寺です。既に数回もちろん、御室桜の開花時にも訪れてます。京都駅から高山寺方面に向かうバスもこちらの山門前を通ります。パッと見ただけで圧倒的な大きさ、仁王門様の凄さが伝わります。今回は偶然、幻の観音障壁画が初公開です。これは直接見た方がいいです。観音堂にあります。スタッフ⁉️というか、お寺の方が分かりやすく丁寧に説明してくださいます。春は7月15日まで、秋は9月7日から11月24日まで特別内拝できます。時間は9時30分から16時受付終了の16時30分までです。君らも行きたまえ❗

5.01 か月前

仁和4年に創建され真言宗御室派の総本山で世界遺産に。普段は非公開の[観音堂]が6年半にわたる修復を終え、期間限定で一般公開させています。7月17日[水]~9月1日[日]料金は1.000円。たくさんあるお経の、いわゆる[観音経]というお経は、仏さんの世界はこうだよ、観音さんの御利益はこうだよ。このようにお姿を変えて、こういう人達が守ってくれると。文章で書かれてる。その文章を姿として表せば、このようになりました。
本尊さんの[千手観音菩薩]左の脇侍に[不動明王]右の脇侍に[降三世明王]。
これが[三尊]になるわけで、その周りにおられる仏さんが[二十八部衆]といい、観音さんの御世話やガードをするお姿を形として表しています。
そして本尊さんの後ろに描かれている画は、これまで373年間、一般に公開されていなかった。
江戸時代初期、木村徳応によって描かれた[観音障壁画]。観音菩薩が人々を救う様子や、観音経に基づいた思想が色鮮やかに表現されています。
仁和寺金堂、径蔵の特別公開は7月6日[土]~9月30日[月],9月2日[月]~9日[月]は拝観休止,9月23日[月]は12:00~の公開,料金600円。#寺

4.02 週間前

■桜の季節が一番人気。
普通の桜が見頃を過ぎてから、御室桜が咲くので、特別感倍増。
桜の時期は観光客だらけになるので、朝イチがおすすめ。
桜の時期意外は、ゆっくりとお参りできるので季節ごとの楽しみ方をすると良いでしょう。
■京都駅から市バスで約40~45分。
これが一番楽に行けます。ただし桜の時期など、混む時期は一時間以上かかることも。
時間を節約したいならタクシー。駅から3500~4000円(混む時期はもっとかかる)
地下鉄と京福嵐山線、京福北野線を乗り継ぐ方法もある。これが一番費用と時間の変動がない。但し何度も乗り換えが必要なうえ、桜の時期は激混み。

5.03 か月前

平成最後の花見です🎵落花さかんです🎵桜の絨毯を楽しみました🎵館長の書かれた垂れ幕掛かる展望台も良かったです🎵来年もあると良いな!

2018年夏、酷暑の中訪問。¥500の嵐電1日乗車券で特典も利用しつつ楽しみました。今は御室桜も青々とした葉桜でした。ご朱印頂きました。今日は旧御室御所、菊のご紋入りのご朱印を頂きました。

明治維新まで皇族が住持を務められた門跡寺院の筆頭。
仁王門は、知恩院山門と南禅寺の三門とともに京都の三大門と称されるそうです。(^^)
金堂は桃山時代、五十塔は江戸時代、見ごたえ充分(^^)/
2018の春は桜🌸の開花早くちょっと盛りを過ぎてたけど石楠花が綺麗でした(σ≧▽≦)σ
毎月8日が霊明殿ご本尊「薬師如来」の縁日ということで限定御朱印を授与して頂きました。御朱印帳も桜が描かれとても綺麗❗️
10年ほど前は、鬼平犯科帳のエンディングの桜🌸の美しさで興味を持ち訪れました。(^^;)))
満開の御室桜🌸に感動したものてす。
当時より人が更に増えてうれしいやら悲しいやら。手が届いても植えられた木々に触らないで楽しんで欲しいなあとちょっと思いましたm(__)m

レビュー (1)

X17

仁和寺は京都の北部の美しい五重塔と他の古い日本の建物の金閣寺、金閣から約 20 分に位置しています。春が桜の花で美しいです。ここで桜は京都の他の場所よりも後で出てくる。あなたは、それらを欠場するときなぜこの寺院を訪問します。美しい花を楽しむ...

仁和寺は京都の北部の美しい五重塔と他の古い日本の建物の金閣寺、金閣から約 20 分に位置しています。春が桜の花で美しいです。ここで桜は京都の他の場所よりも後で出てくる。あなたは、それらを欠場するときなぜこの寺院を訪問します。美しい花を楽しむことができます。

Ninnaji Temple is located in the northern part of Kyoto , about 20 minutes from Kinkakuji Temple, Golden Pavilion, with a beautiful five story pagoda and other old Japanese buildings. It is beautiful with cherry blossoms in spring. Cherry blossoms here come out later than other places in Kyoto . When you miss them, why not visit this temple. You may enjoy beautiful blossoms.

【世界遺産】仁和寺

続き閉じる

すべてのレビュー