仁和寺

京都府の観光情報


【世界遺産】仁和寺4.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

1994年に古都京都の文化財の一つとして世界遺産に登録された仁和寺。
歴史ある建物の内部は寺院というよりまるで城のよう。桜と紅葉がとても美しいことで有名ですが、桜が満開になるのは4月中旬~下旬と遅め。桜の名所の多い京都で季節の最後を飾ります。
砂利が敷かれた広大な道は日差しを遮るところがほとんどなく、空が広く感じます。そして、心が洗われる道として、「浄心の道」という名がつく山門から参道までのまっすぐな道。ここを歩くと、心に爽やかな風が吹くかのような気持ちになります。
重々しくどっしりとした印象の御影堂や、36メートルと迫力ある五重塔、金道や観音堂等、見どころが沢山です。

目的お祭り大好き,シニア向け,世界遺産,家族向け,桜花見,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約36.5km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

通常の拝観時間終了後、特別に「仁和寺 もみじライトアップ」というイベントをやっていました。今年だけ?の土日祝日限定イベントのようで、タクシーの運転手もご存知ないイベントでした。
鏡面反射で映える写真が撮れるスポットなどありました。
荘厳な二王門から望む月と一番星が美しく、このイベントで夜間に入れなければ見られないものだったと思います。
2021年11月訪問。

5.07 か月前

【春を見納め遅咲き桜雲】世界遺産仁和寺。その境内にある国の名勝に指定された花園です。今年の京都は、観測史上最も早く桜が開花しました。
そのため、ソメイヨシノは散り始めてきているんですが。こちらでは、京都で最も遅咲きと言われる桜が、いよいよ咲き始めました。
[御室桜]と言います。特徴は、花との距離の近さ。木の背丈が低いため、ちょうど目線の高さで桜を楽しむことが出来ます。
花びらの色は、清らかな白。
こちらの花園には、およそ二百本の御室桜が植えられています。
昨日咲き始めて、次々と花が開いてきました。
御室桜は、三百年以上前、江戸時代から、ここ仁和寺だけに咲く特別な桜です。
春の見納めとなる、この桜を一目愛でようと、昔から大勢の花見客が、お寺にやってきました。
顔を近づければ、桜の香りも感じることが出来そうです。
ではなぜ御室桜は、背が低いのか?。その秘密は地面の下にあります。お寺が調べたところ、年度質の土で、おおわれているのが分かったのです。
栄養分が少なく、根が延びずらいため成長しても背が低いまま。
ゆうなれば[桜の盆栽]です。
しかし、なぜ粘土質の土が、ここにあるのかは記録が見つかっておらず分かっていません。
もしかしたら、目の前で桜を楽しめるように、昔の人が特別に土を持ち込んだのかも知れませんね。
間近で春を感じることができる御室桜。
京都の人達が、この桜に寄せる思い入れは、文芸作品にも登場します。川端康成は小説[古都]の中で『御室桜を一目見たら春の義理は果たせる』と表現しています。この桜を見れば、春を感じられたということなんですね。
日毎に暖かくなり春の桜も、もうすぐ見納め。普段通りとは行かない日々が続きますが、変わらぬ桜の景色が、気持ちを引き立ててくれます🌸🌸🌸🌸🌸。
仁和寺では、マスクの着用や密を避けながら順路にしたがって歩くなど、感染防止対策への徹底の協力を改めて呼び掛けている。
ということです。

【1年前】
仁和4年に創建され真言宗御室派の総本山で世界遺産に。普段は非公開の[観音堂]が6年半にわたる修復を終え、期間限定で一般公開させています。7月17日[水]~9月1日[日]料金は1.000円。たくさんあるお経の、いわゆる[観音経]というお経は、仏さんの世界はこうだよ、観音さんの御利益はこうだよ。このようにお姿を変えて、こういう人達が守ってくれると。文章で書かれてる。その文章を姿として表せば、このようになりました。
本尊さんの[千手観音菩薩]左の脇侍に[不動明王]右の脇侍に[降三世明王]。
これが[三尊]になるわけで、その周りにおられる仏さんが[二十八部衆]といい、観音さんの御世話やガードをするお姿を形として表しています。
そして本尊さんの後ろに描かれている画は、これまで373年間、一般に公開されていなかった。
江戸時代初期、木村徳応によって描かれた[観音障壁画]。観音菩薩が人々を救う様子や、観音経に基づいた思想が色鮮やかに表現されています。
仁和寺金堂、径蔵の特別公開は7月6日[土]~9月30日[月],9月2日[月]~9日[月]は拝観休止,9月23日[月]は12:00~の公開,料金600円。#寺

5.02 週間前

創建888年。
開祖空海による真言宗の総本山。
世界文化遺産にも登録されている、京都の世界遺産群の1つ。
観光名所としておすすめ。
歴史を感じ、風景にも癒される良い場所です。
金堂や五重塔などもあり、重要文化財となっている。
御室88ヶ所霊場にもつながっている。

桜の季節や紅葉の季節などは綺麗なもので
ある。

5.03 週間前

すごいっ!って思うほど敷地が広く
景色、風景に癒やされ建物に感動。
天気も良く行って良かったと思えます。
建物付近にQRもあるので
読み込めば建物の動画が見れるので
勉強になります。
受付の方も丁寧で親切なので
色々聞けば教えて頂けると思います。

5.0過去 1 週間以内

888年からある仁和寺
国宝の金堂は、御所から移設したものて、菊の御紋、3重の軒など普通のお寺ではない皇室の建築物。ご本尊は阿弥陀如来
経堂には約6300の経本が納められ、それらを回すことですべてのお祈りをした、ということになるそう。
実際に回すところはみれないので、経堂を一周します。
紅葉のライトアップは、素晴らしかった
春には桜も楽しめます

レビュー (1)

X17

仁和寺は京都の北部の美しい五重塔と他の古い日本の建物の金閣寺、金閣から約 20 分に位置しています。春が桜の花で美しいです。ここで桜は京都の他の場所よりも後で出てくる。あなたは、それらを欠場するときなぜこの寺院を訪問します。美しい花を楽しむ...

仁和寺は京都の北部の美しい五重塔と他の古い日本の建物の金閣寺、金閣から約 20 分に位置しています。春が桜の花で美しいです。ここで桜は京都の他の場所よりも後で出てくる。あなたは、それらを欠場するときなぜこの寺院を訪問します。美しい花を楽しむことができます。

Ninnaji Temple is located in the northern part of Kyoto , about 20 minutes from Kinkakuji Temple, Golden Pavilion, with a beautiful five story pagoda and other old Japanese buildings. It is beautiful with cherry blossoms in spring. Cherry blossoms here come out later than other places in Kyoto . When you miss them, why not visit this temple. You may enjoy beautiful blossoms.

【世界遺産】仁和寺

続き閉じる

すべてのレビュー