常栄寺・雪舟庭

山口県の観光情報


常栄寺・雪舟庭3.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

山口で晩年を過ごしたといわれる画僧・雪舟が、築庭した庭園(名勝)。大内29代政弘の別荘の庭として造られたが、後に妙喜寺という寺になり、さらに毛利隆元の法名により常栄寺と改称した。本堂北面に広がる庭園は東西北の三方を竹林で囲み、手前に心字池を設け、池の周囲に立石を配した池泉回遊式庭園。中国大陸を象徴する三山五嶽の石組みや富士山を思わせる石組みなど、広大なイメージを無数の石で表現している。

目的観光
最寄りの空港/駅福岡空港 (約117km) Google Transit

レビュー (0)