丸岡城(霞ケ城)

福井県の観光情報


丸岡城(霞ケ城) 2.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

1576年(天正4)、柴田勝家の甥である勝豊が築城。天守閣は2層3階建てで、屋根は笏谷[しゃくだに]石の瓦葺き。上層に望楼があり、現存する天守閣としては愛知県の犬山城とともに最も古い形を残している。別名「霞ヶ城」の名の由来は、合戦時に大蛇が現れて霞を吹き城を隠したという伝説による。 天守閣の東北側にある「一筆啓上…」の石碑は、日本一短い手紙として有名。徳川家康の功臣・本多作左衛門重次が、陣中から妻にあてて書き送ったものだ。周囲は霞ケ城公園として整備され、春には400本の桜が咲き誇る桜の名所。園内には、歴代城主ゆかりの武具や古文書などを展示する歴史民俗資料館もある。

目的桜花見,歴史,観光名所
最寄りの空港/駅小松空港 (約30.5km) Google Transit

口コミ

5.04 週間前

主人と初めて伺いました✨日本最古の天守閣を持つお城だそうです🙌🏻お城の中に入ると、ボランティアの方々が丁寧に説明をしてくださいます😊丸岡城のミニチュアがあって、当時の様子も伺えます💓ミニチュアの中に、何人か忍者が隠れているようで、それを探すのも結構楽しいです😆子供達は夢中になって探してました😉3階?まで上がれるのですが、階段がとにかく急です👀💦ロープが垂らしてあるので、それを掴みながら階段を上れますが、くれぐれも足元ご注意下さい🙇🏻‍♀️当時の人たちは、こんなに急な階段を上り下りしていたのかと思うと、心から尊敬します😅頂上から見た街並みも綺麗で、窓から吹き込んでくる風が顔に気持ちいい😙秋に伺ったのですが、春の桜の季節にも来たい場所です💕

5.01 か月前

2020年10月訪問。「現存天守」、これにて全12か所制覇達成です! 犬山城や宇和島城のように比較的小振りながら、素朴で端正で美しい天守です。破風や屋根瓦に直接触れることもできます。
かつてはここが最古の現存天守だというのが通説でしたが、最新の学術検証で1630年前後の建造だと判明しました。天守の中の展示でそのことがキチンと詳しく説明されていました。真摯な姿勢に好感を抱きました。しかし、石垣も望楼も天守としては最も古い戦国期の様式で築かれていることは間違いありません。
ところで、天守内の階段は傾斜角が67°もあるので、手摺だけでなくロープも張られています。しかし、これを持つとロープがたわんで上半身が階段から浮いてしまい、却って昇降が難しくなりました。手摺をしっかり掴んで昇降するのが良いと思います。お気をつけてどうぞ。

5.01 週間前

2020/11/8
一乗谷朝倉氏遺跡をあとにして、次は丸岡城(霞ヶ城)に行きました。
この時には雨はすっかり上がって陽射しが出ていました。
おかげで天守閣最上階から見える城下の風景や遠くに見える山々は紅葉も相まってとても綺麗でした。
天守閣内にある階段はとても急ですが、登ってみる価値はありますよ。

5.0過去 1 週間以内

秋の紅葉の季節に、近隣の山々の紅葉も合わせて、お城の高台から望めます。
桜の季節は、お城の周りの遊歩道を螺旋状に歩きながらお花見が楽しめます。
日本最古のお城だそうです。
お城の階段がキツイので、足腰の弱い方は辛いと思います。
施設の敷地に、お店があります。
地元のお肉を使ったカレー屋さんと、地元のお蕎麦が食べれる食券式の食堂。
外には地元のソフトクリーム屋さんがあります。
駐車場は広々してるので、停めやすいです。

5.0過去 1 週間以内

柴田勝家の甥が築いたお城。現存する天守では最古らしい。石垣は自然石を使った野面積。小さいながらも見所たくさんあります。小さいからか中の階段は急でなかなかのアドベンチャー感、翌日筋肉痛かも。

レビュー (0)