永観堂

京都府の観光情報


永観堂 4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

永観堂の名で親しまれ、紅葉の名所としても知られる。平安時代初期、弘法大師の弟子真紹[しんじょう]僧都により創建されたが、後に永観律師が念仏修行の場として、民衆を救った功績から永観堂と呼ばれるようになった。本尊の阿弥陀如来立像(重要文化財)は左後方を振り返る姿で、「みかえり阿弥陀」とも呼ばれる。

目的紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約40.8km) Google Transit

レビュー (0)