法観寺(八坂の搭)

京都府の観光情報


法観寺(八坂の搭) 2.8

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

八坂塔と呼ばれる五重塔(重要文化財)で知られる。飛鳥時代、聖徳太子の創建と伝え、この地の高句麗系渡来人、八坂氏に関係した寺とみられる。当初は四天王寺式の伽藍配置をとる大寺だったが、現在は民家に囲まれた境内に塔と薬師堂、太子堂が残るのみ。応仁の乱にも焼け残った五重塔は1440年(永享12)足利義教の再建によるもので、高さ46m。初層内部を拝観でき、大日、釈迦、阿しゅく、宝生、阿弥陀の五如来坐像が祭られる須弥壇や、中央に心柱を通した塔の構造を見ることもできる。

目的体験,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約38.6km) Google Transit

レビュー (0)