唐招提寺

奈良県の観光情報


【世界遺産】唐招提寺4.8

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

唐招提寺は天皇(聖武天皇)に招かれて唐から訪れた鑑真が759年に建立しました。境内北側に建物には、木製の鑑真像が鎮座し、その顔は美しい輝きをたたえています。

この寺の金堂は国宝となっており、は10年間の修復をへて2009年再び公開されました。金堂には千本の腕をもつといわれる千手観音像が収納されています。千手観音像の腕は数十本にすぎない場合が多いのですが、ここにある千手観音像はほんとうに千本の腕があるのです!

目的シニア向け,世界遺産,日本についての知識プロ向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約34.1km) Google Transit

口コミ

5.04 週間前

命を懸けて何度も失敗しながら唐から日本へ渡航された、鑑真和上が建立した寺です。趣のあるピリッとした雰囲気が感じられて、敬虔な気持ちになりました。鑑真和上御廟に向かう道の両側には、きれいな苔むした庭があり、空気が澄んでいるように感じられました。歴史が感じられる、良いお寺だと思います。

5.01 か月前

奈良•京都の寺社仏閣のなかで、収蔵された仏様そして建築物共最上級だと思います。素晴らしく、何度も訪れています。
近くの薬師寺も立派ですが、西の京を訪れた時、薬師寺は次の機会と見送れても唐招提寺はパス出来ません。天平の甍で鑑真さんを実感して訪れると尚良し。

5.02 か月前

唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を始め、多くの文化財を有する。

鑑真の生涯や唐招提寺は井上靖の小説『天平の甍』(1957年)で広く知られるようになった。唐招提寺は1998年に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。

4.03 か月前

千手観音さまと講堂のシルエットで有名な唐招提寺。

駅前に薬師寺もあるのでこの一帯は平穏で懐かしく、崩れそうな土塀も延び放題の竹林も松の大木や、燕の巣作りやトンボが水辺を飛び、
帰るのが嫌になるような風景が続きます。

朱塗りの大門を抜けると壮観な金堂が正面で迎え入れてくださいます。
難しい様式はわかりませんが、圧巻です。
今はこうしてレプリカでないものを肉眼でガラス越しでもなく拝顔させて頂ける事にまず感謝して、伽藍を回ります。
鑑真和尚の御廟などゆっくり散策し、ご朱印も頂いて、今度は6月の鑑真和尚さまのご開張の時にお参りしたいと願って帰りました!

5.0過去 1 週間以内

唐招提寺を甘く見てました。京都にはない奈良の重さをつくづく感じるお寺でした。境内はとても広く、「竹林」・「苔庭」・「土塀」・「古井戸」など見所満載でした。季節を変えてもう一度参拝するつもりです。交通便のいい薬師寺から徒歩5分ほど。是非とも唐招提寺を参拝することをおススメします。

レビュー (1)

X8

はい。この寺には多くのことについて話をします。

はい。この寺には多くのことについて話をします。


Yes. This temple has many things to talk about.

続き閉じる

すべてのレビュー

旅行プラン

ガイドツアー唐招提寺(1日)