元興寺

奈良県の観光情報


【世界遺産】元興寺4.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

奈良の古き良きおもかげの残る「ならまち」の中心にある元興寺は、古都奈良の文化財として世界遺産にも登録されています。日本最古の本格的仏教寺院である法興寺こそがその前身であり、屋根の瓦は日本最古のものと言われています。
世界遺産ながらも観光客であふれかえるエリアから少しはずれた所にあるため、ゆったりとした時間の流れを感じながら、拝観することができます。お寺の中にある鬼の像を、全体見つけることができるでしょうか?ぜひ探してみてください。
境内北側にあるガマガエルのような石は奇石として有名でしたが、現在は霊を供養して極楽カエルへと成就。現在は「無事かえる」「福かえる」として有名です。

目的シニア向け,世界遺産,日本についての知識プロ向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約38km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

世界文化遺産。前身は6世紀末蘇我馬子によって開かれた法興寺(飛鳥寺)で、平城遷都に伴い今の地に移転され名も元興寺と改められました。南都七大寺の一つとして威勢を振い、その敷地は、現在の奈良市街の南東部を占めていました。当時の広大な寺域には、金堂・講堂・塔・僧房などが立ち並んでいましたが、平安時代半ばには、その勢威も衰えてしまいました。現在は僧坊の一画が唯一現存しています。極楽坊はかつての元興寺僧坊の一部で、鎌倉時代に極楽堂〔国宝〕と禅室〔国宝〕に改築されました。中世以来庶民の深い信仰を集め、境内からは、無数の石仏と民俗資料が発見されています。法輪館には奈良時代の木造五重小塔〔国宝〕木造阿弥陀如来坐像・智光曼陀羅図・庶民信仰資料〔各重文〕などが多数保存されています。飛鳥時代から残る屋根瓦も圧巻です。こちらは東大寺、興福寺、春日大社エリアから少し離れていて人も少なく、ゆっくり拝観することが出来るお勧めスポットです。是非、かっての南都七大寺の威厳に触れて下さい。御朱印は入場券売場で頂けます。

5.0過去 1 週間以内

2016年7月と10月に拝観しました。何度目かは不明。7月には智光曼荼羅図を初めて拝観しました。猿沢の池から歩いてすぐですね。
本堂と禅室は国宝で、本堂の瓦には飛鳥時代の物もあるそうです。収蔵庫には国宝の五重小塔が安置されています。

4.01 週間前

まず石仏の多さに驚きです‼️
緑に囲まれ、相棒と話が出きない静粛な雰囲気でした。
世界遺産感がありました❗️

5.01 か月前

御本尊:智光曼荼羅
宗派:真言律宗

当寺は推古天皇元年(593年)、蘇我馬子が飛鳥に建立した日本最古の寺院、法興寺(現在の飛鳥寺)の後身と言われています。

和銅3年(710)の平城京遷都に伴い、飛鳥にあった薬師寺、厩坂寺(のちの興福寺)、大官大寺(のちの大安寺)などは新都へ移転しました。

ですが、法興寺は養老2年(718)平城京へ移転して元興寺になりましたが、飛鳥の法興寺は廃止はされず元の場所に残りました。

元興寺には奈良時代の学僧・智光が描かせた阿弥陀浄土図(智光曼荼羅)があり、平安末期の末法思想の流行や阿弥陀信仰の隆盛と共に、この曼荼羅が信仰を集めるようになりました。

拝:2020/10/05

5.01 か月前

穏やかな佇まいが素敵な古寺。昔はもっともっと広大で、ならまちのほとんどが元興寺の敷地だったようです。気に入りましたので、時々訪ねることにします。

レビュー (1)

X13

静かで古い寺院。ここから奈良ツアーを開始する必要があります。

静かで古い寺院。ここから奈良ツアーを開始する必要があります。

A quiet and old temple. You should start your Nara tour from here.

続き閉じる

すべてのレビュー

旅行プラン