富岡製糸場

群馬県の観光情報


富岡製糸場4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

1872年(明治5年)、「富国強兵・殖産興業」のスローガンの下、輸出品の主力だった生糸の生産量・品質を向上させるため、明治政府が設立した官営の器械製糸工場です。明治政府がつくった官営工場の中で、1万5000坪の敷地やレンガ造りの工場施設がほぼ完全な状態で残っているのは富岡製糸場のみです。
民営化後も一貫して製糸を行い、製糸技術開発の最先端として国内養蚕・製糸業を世界一の水準に牽引しました。また、田島家、荒船風穴、高山社などと連携して、蚕の優良品種の開発と普及を主導しました。
建築物としても素晴らしく、和洋技術を混交した工場建築の代表であり、長さ100mを超える木骨レンガ造の繭倉庫や繰糸場など、主要な施設が創業当時のまま、ほぼ完全に残されています。
建物外観の他、生糸を作る器械が置かれていた繰糸場など、建物内の一部が見学できます。定刻には、ボランティアによる解説案内がある。
「富岡製糸場と絹産業遺産群」は2014年6月にユネスコ世界遺産に登録されました。

目的体験,観光名所
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約112.5km) Google Transit

口コミ

5.04 か月前

歴史的な建物です、設備も凄かった❗

3.01 か月前

赤レンガに日本瓦をのせた和洋折衷の近代的製糸工場を見学できます。建物は当時、世界最大規模を誇っていただけあって圧巻です。ただ展示の仕方が残念でした。どれも歴史的価値があるものばかりだと思うので、もっと子ども向けの展示にするとわかりやすいと思います。

4.04 か月前

2019年2月 訪問
広い敷地内に建っている工場が広大でとにかく圧倒されました!ゆっくり回っても1時間くらいかかります。途中に改装工事中で見れない所があり。関東のこんな近くに世界遺産があったのに初めて来て改めてびっくりしました。当時の生活ぶり(わりと最近まで稼働していたことに驚き)やシルク製品に対する考えが変わりました。
富岡製糸場に行く途中にお土産屋や食事のできるお店があります。駐車場はないので周辺のコインパーキングから歩いて行きます。

2.02 か月前

二回目の訪問 相変わらず工事してるとこが目につく。
まぁ古い製造所を見るとこかな。
入口手前のチケット販売所で、プラス400円出せば期間限定のレゴのブロックを組み立てた物を見れるということで、入場料と合せて1400円で購入、レゴの展示場所に行ってみると入場してる人はほぼ居なかった。正直何で別料金なのか疑問でした。修繕費を集めるために今後もイベントはやるんだろうけど、入場料1000円でも十分高いのだから別料金を取るのはどうかと思う。もう行くことはないと思う。

5.03 週間前

教科書で見るだけでなく、実際にそこで生活ていた方々のありのままを見ることができたのが良かった。
ツアーガイド付きで説明していただけるので、煉瓦造りの建物も最初に作られたものは下手っぴだったけど年数を重ねていって上達していくのも分かり、歴史が身近になりました。

レビュー (0)