富岡製糸場

群馬県の観光情報


富岡製糸場4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

1872年(明治5年)、「富国強兵・殖産興業」のスローガンの下、輸出品の主力だった生糸の生産量・品質を向上させるため、明治政府が設立した官営の器械製糸工場です。明治政府がつくった官営工場の中で、1万5000坪の敷地やレンガ造りの工場施設がほぼ完全な状態で残っているのは富岡製糸場のみです。
民営化後も一貫して製糸を行い、製糸技術開発の最先端として国内養蚕・製糸業を世界一の水準に牽引しました。また、田島家、荒船風穴、高山社などと連携して、蚕の優良品種の開発と普及を主導しました。
建築物としても素晴らしく、和洋技術を混交した工場建築の代表であり、長さ100mを超える木骨レンガ造の繭倉庫や繰糸場など、主要な施設が創業当時のまま、ほぼ完全に残されています。
建物外観の他、生糸を作る器械が置かれていた繰糸場など、建物内の一部が見学できます。定刻には、ボランティアによる解説案内がある。
「富岡製糸場と絹産業遺産群」は2014年6月にユネスコ世界遺産に登録されました。

目的体験,観光名所
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約112.5km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

土曜日の夕方に行きましたが、それほど混んではいませんでした。西置繭所は予約していないので外観だけですが、建物はとても美しいです。説明の文書が随所にあり、しっかり読みながら見学するとかなり時間がかかります。
閉館近くなると、警備の方が先に見た方がいい施設をアナウンスしてくださったので、一通り見ることができて助かりました。
時代背景を勉強してから行くと、世界遺産の価値もより感じられると思います。

5.03 週間前

日本の近代化がどのように進められたのか、ガイドさんと一緒に施設を回ることで深い理解を得ることができます。
当時からほぼ変わらぬ姿で現存されている施設の中にいることで、鳥肌が立つほどドキドキしました。当時の方々の目標に向けて邁進する姿や、忍耐力、努力などを感じ、「生きる」強さを感じました。

5.01 か月前

歴史的な建物です、設備も凄かった❗

4.0過去 1 週間以内

大人1人200円で40分のツアーガイドを利用しました。
15人くらいの1グループで回ります🤚
色々な説明があり、ただ観て歩くよりは全然良いと思いました。
それ程興味もなく見に行きましたが、お陰で楽しく回れて行って良かったと思いました😄

5.0過去 1 週間以内

世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」
見どころとしては1872(明治5)年に建てられた日本初の官営模範製糸場で
主要な建物は創業当初の状態で保存されているところ。巨大な繭倉庫や女工館がある。
有料ではあるがガイドと一緒に見学することをおすすめします。

レビュー (0)