富岡製糸場

群馬県の観光情報


富岡製糸場4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

1872年(明治5年)、「富国強兵・殖産興業」のスローガンの下、輸出品の主力だった生糸の生産量・品質を向上させるため、明治政府が設立した官営の器械製糸工場です。明治政府がつくった官営工場の中で、1万5000坪の敷地やレンガ造りの工場施設がほぼ完全な状態で残っているのは富岡製糸場のみです。
民営化後も一貫して製糸を行い、製糸技術開発の最先端として国内養蚕・製糸業を世界一の水準に牽引しました。また、田島家、荒船風穴、高山社などと連携して、蚕の優良品種の開発と普及を主導しました。
建築物としても素晴らしく、和洋技術を混交した工場建築の代表であり、長さ100mを超える木骨レンガ造の繭倉庫や繰糸場など、主要な施設が創業当時のまま、ほぼ完全に残されています。
建物外観の他、生糸を作る器械が置かれていた繰糸場など、建物内の一部が見学できます。定刻には、ボランティアによる解説案内がある。
「富岡製糸場と絹産業遺産群」は2014年6月にユネスコ世界遺産に登録されました。

目的体験,観光名所
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約112.5km) Google Transit

口コミ

5.07 か月前

歴史的な建物です、設備も凄かった❗

4.0過去 1 週間以内

150年前の建造物が残っており、壁、糸(シルク)の大切さ、大変な作業工程、繊細な機械など、また、社員を大切にする企業だった事が分かります。
建設に携わった渋沢栄一や尾高惇忠やその娘のゆいさん、レンガ瓦を作った韮塚さんなど、日本の為に活動した事が分かります。
その後の三井時代や原さん時代、片倉さん時代と経て製糸産業を盛り建てていった流れを感じられます。

5.01 か月前

所要時間は2時間~3時間は欲しいところです。
とてもアカデミックで一つ一つ丁寧に見ていくと何時間でも足りないくらい。
当時は、「野麦峠」の映画のように過酷なものではなく、かなり恵まれた施設だったようです。
時間があれば一人200円でガイドさんが40分ほど説明してくれますので申し込むと良いでしょう。(設定時間は確認)
駐車場は、ありませんが町中に有料の駐車場が多くあります。(10分ほど歩けば無料駐車場もあるらしいです)

4.01 か月前

当時の機材がそのまま残っており、ここから横浜港を通して絹が世界に輸出された時代が偲ばれる。
横浜では有名な原三渓が所持していた事もありその時代に生産性が向上していた模様。
寮も敷地内にあり、人々の生活を身近に感じられる。

4.03 週間前

21年4月来訪
20年10月にリニューアルされており、とてもキレイになっている棟がありました。
子供達の歴史の興味から行くことになりましたが、自分も色々知ることが出来てとてもためになりました。
桜の咲く頃に行くと一段と映えます。
個人的に一つ気になるのが、専用駐車場が隣接しておらず一般の呼び込み有料駐車場が好きにはなれません。
ただ、人は良くて無料駐車場も気持ち良く教えていただきました。
駅のそばにあり、徒歩15分程離れていますがお土産屋や町並みを見ながら歩くのも楽しかったです。

レビュー (0)