紀州東照宮

和歌山県の観光情報


紀州東照宮2.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

1621年(元和7)、紀州藩主・徳川頼宣が父家康を祭るために創建した権現造の神社。日光東照宮と同様、絢爛豪華な社殿内には、左甚五郎作の緋鯉真鯉の彫刻や狩野探幽の襖絵がある。朱塗の楼門をはじめ、拝殿・本殿など7棟が国の重要文化財に指定。2010年は5月16日に、和歌祭のひとつ神與渡御[みこしとぎょ]祭が行われ、神輿をかついだ男衆が108段の階段を勇壮に練り下る。

目的観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約27.9km) Google Transit

レビュー (0)