瀞八丁

和歌山県の観光情報


瀞八丁2.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

瀞八丁(特別名勝・天然記念物)は、市内熊野川町の玉置口から奈良県十津川村田戸までの約1.2kmの渓谷を指す。春にはヤマザクラ、初夏にはツツジやシャクナゲが新緑に映え、晩秋には紅葉が美しい。渓谷の両岸が迫り、高さ40~50mの岩壁がそそり立ち始めるのは玉置口近くの洞天門から。夫婦岩などの奇岩や、高さ20m、幅87mの屏風岩、高さ45mの天柱岩など巨岩が、次々に現れる。奥行き42mの寒泉窟、岩の割れ目にできた竜泉窟などの洞窟もあって、変化に富んだ渓谷美は、実に見事。渓谷探勝には、玉置口や下流の志古などから、ウォータージェット船を利用。船は、田戸船着場に寄り、上瀞入口の獅子岩などを見て引き返す。

目的桜花見,紅葉,観光
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約83.6km) Google Transit

レビュー (0)