那智大社

和歌山県の観光情報


【世界遺産】那智大社4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野那智大社は、本宮大社、速玉大社と並び、熊野巡礼の3つの最終目的地の1つとなっている。古代の巡礼の雰囲気に触れたい人には「大門坂(だいもんざか)」という600mの石段を上ることがお勧めで、しばしの間、苔に覆われた階段や高くそびえる杉の木立を味わうことができる。ハイキングの経験が豊富な人は、那智駅からの約7kmのトレイルコースも挑戦してみてほしい。

観光センターのエリアから、最終的な参道である約500段の階段を上ると、お寺に並置された大社にたどり着く。お寺の三重塔と、日本一の高さ(133m)がある那智の滝の眺めを見るだけで、長く感じられた道のりも報われるであろう。このエリアの日帰り観光をするには、海岸沿いの勝浦温泉を拠点にすることをお勧めしたい。

目的世界遺産,大自然,家族向け,山登り,日本の秘境,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約104.2km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

熊野三山の1社。山中の那智滝を神聖視する原始信仰に始まるため、社殿が創建されたのは他の二社よりも後で当初は那智滝の正面にある現・飛瀧神社の地に社殿があったらしいです。納得です、那智滝は絶景、壮観、神々しいのですこぶる納得。
如意輪堂(現・青岸渡寺)との神仏習合の景色が残る場所で感慨深い。
コロナ過でしたが手書きで御朱印は頂けました。

4.0過去 1 週間以内

お盆にプラッと行きました。階段や坂道を歩いてずいぶん登らなければなりませんでした。たぶん高齢の方や足が不自由な方はたいへんだと思います。
ゆっくり登っていくと、とても古びた土産物屋さんの前を通ります。登ることで土産をみたりする余裕はありませんでした。
登り切ったときには、よい汗をかき、自分なりの達成感を味わうことができました。
駐車させていただいたお土産物屋さんで、涼を取りながらお茶や和菓子をいただいてお土産を買って帰りました。よいお店でしたが、名前などは忘れてしまいました。。。
また、参拝に行きたいと思います。今度は計画性と心の準備をしておじゃまします。

5.0過去 1 週間以内

熊野三山の一山を担う那智山におわす大社。
那智は和歌山の深淵部で、確かに遠いですが、そうであるからこそ、神域であり続けた特別な地です。
その神域の中心部とも言えるのが那智大社。
実際、訪れると、空気が澄み切り、光が降り注いでいるように感じました。
100円を奉じて護摩木をいただき、一願を念じて神火で焼いていただきました。拝殿をお参りした後、八咫烏を祀る御縣彦社もお参りしました。さらに、樹齢推定850年の大クスでは、胎内くぐりもできます。
詣の後には、新たな心持ちとなれます。

3.05 か月前

運動不足の人、体力に自身がない人、年配の人は階段で参拝するのはやめたほうがいいです!!!ぶっ倒れます!!!
800円払ってでも上まで車で行ったほうがいいです!!
社務所側の駐車場ではなく、お寺側の駐車場に止めたほうが階段がなくて楽です!!!

5.06 か月前

大社そのもののことは他のクチコミを見てください。
宝物殿がオススメです
展示品を素人が見ただけでは、正直ピンと来ませんが、担当の女性の方がとても積極的にお話を聞かせてくれたので、すごく面白かった。
例えば、入館するとすぐに曼荼羅図がありますが、図には描かれている物語や技法がありそれらを教えてもらいながら曼荼羅図を見ると何百年も前の時代が想像できます。
女性は宝物殿の展示方法や記事を書いたりされてるようで、いろんな質問に丁寧に説明してもらえるし、ほんとうによくご存知です。

大社も滝素晴らしいですが、登って写真撮っておみくじ引いておしまいでは、他の観光地と変わりません。
是非お話を聞いてみて下さい。

レビュー (0)