若松寺(若松観音)

山形県の観光情報


若松寺(若松観音)1.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

708年(和銅元)、行基菩薩創建の古刹。860年(貞観2)、慈覚大師が現在地に移した。正式名は、鈴立山若松寺。入母屋単層造銅板葺きの観音堂に安置されている金銅聖観音像懸仏は、観音堂とともに国の重要文化財に指定。昔から縁結びの観音として親しまれ、西の出雲大社、東の若松観音として有名だ。めでためでたの若松さまと、花笠音頭でも歌われている。

目的パワースポット,歴史,神社・寺,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅仙台空港 (約51.2km) Google Transit

口コミ

5.02 か月前

1400年の歴史があるお寺。下の参道は、歴史を感じさせるものばかり。ぜひ登ってみてください。

3.01 年前

観音堂は国指定重要文化財です。

車で本堂近くの駐車場まで登れます。道の狭い部分があるので、ゆっくり走ってください。
観音堂近くの展望台からの眺望は良いです。
天気が良いと月山も見えます。

5.03 週間前

道は細いですが、退避できる場所が沢山あるので大丈夫です。

4.010 か月前

市内から山手の方になります。道路も幅が狭くなり対向車が来ると譲り合いながら駐車場に着きます。静かな所にあり眺めもかなり良いです。奥の院は少し歩かなければなりませんが、見晴台は眺望が、とても良いです。

4.01 年前

2018年11月上旬、紅葉見頃の日曜日午前に訪問しました。駐車場は6~8割ほどの駐車率で入れ替わっている様な感じでした。
駐車場までの車道は狭くて注意する必要がありますが、すれ違い用のスペースがいくつもあるので心配はありません。
境内にあるモミジが綺麗に紅葉していました。奥にある見晴台からは紅葉した里山が見渡せます。見晴台や奥の院までは階段や坂道を登っていく必要がありますが、緩やかで距離もたいした事がないので、踵が高い靴など歩きにくい靴でなければ問題なく行くことができます。

レビュー (0)