山形県郷土館「文翔館」

山形県の観光情報


山形県郷土館「文翔館」2.9

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

1916年(大正5)竣工の旧県庁舎と旧県会議事堂。煉瓦造りの重厚なイギリス・ルネサンス様式の建物で、建築当時の工法で忠実に復原されている。館内には、明治以降の県歴史資料の展示室や喫茶室がある。国指定重要文化財。所要30分。

目的桜花見,観光名所
最寄りの空港/駅仙台空港 (約53.3km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

大正時代に建設された建物ということですが、道路に面した外壁は石造りで中庭に面した外壁はレンガ造りという二つの貌を持っていました❗️😳。明治の時代に建てられた初代の建物との違いは分かりませんが、その時代の雰囲気が感じられる重厚で、かつ、気品のある建物でした❗️🤗。その時代の感じを残しているかどうか分かりませんが、七日町の料理屋に繰り込む前に、味わっておいて損のない施設でしたよ‼️🤗

5.01 か月前

大迫力の赤レンガ&石造の西洋建築。元県庁&県議会堂なのでデカい。正面、中庭、裏側、360°どこから見ても大迫力で、敷地も広いので色んな角度からのんびり眺められる。中に入ると、美しく豪華な部屋などが数ヶ所あるほか、歴史や地元の資料などが展示してある。有り難いことに無料。

5.01 か月前

るろ剣の映画のロケ地でもあったそうです。
とても立派な建物で、煉瓦造りの建物と2棟あります。中も無料で入れてレトロな雰囲気を楽しめます。山形の事に少し詳しくなれますよ(^^)

5.03 か月前

大正ロマンを感じる素晴らしい建物。るろうに剣心の映画のロケ地にもなりました。
議場ホールではたびたびコンサートが行われ、とても良い雰囲気と音で聴くことができます。市内観光するなら是非訪れていただきたい所です。

1.04 か月前

車椅子スペースもなければ障害者を受け入れると言う認識がない。
古い文化財といえどバリアフリーであらねば、一部の利用者限定になってしまう。
山形県の障害者を蔑視し軽んじている風土の象徴的歴史をそのまま後世に残すのは罪産でしかない。

レビュー (0)