勧修寺

京都府の観光情報


勧修寺2.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

醍醐天皇が母胤子の供養のため昌泰3年(900)に創建。天皇家や藤原家の帰依を受け門跡寺院として発展した。江戸時代初期の書院(重要文化財)は落ち着いたたたずまいを見せる。前庭には水戸光圀が寄進したという、背が低く大きな笠を乗せた「勧修寺形」の灯籠があり、針状の葉をもつ推定樹齢750年のハイビャクシンが広がる。スイレンに彩られる氷室池を中心とする池泉舟遊式の広大な庭は、平安の昔を偲ばせる優雅さで迎えてくれる。平安時代には、この池に張る氷の厚さでその年の農作物の豊凶が占われたと伝わる。参道の築地塀前には桜並木が連なる。花見の見ごろ:3月下旬~4月上旬。本数:40本。

目的桜花見,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約38.5km) Google Transit

レビュー (0)