佛隆寺

奈良県の観光情報


佛隆寺2.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

    嘉祥3年(850)、空海の高弟、堅恵が創建したといわれる古刹。室生寺の南門に位置する。堅恵の墓とされる五輪塔が立つ石室(国重要文化財)は平安前期の宝形造で本堂背後に位置する。また、元徳2年(1330)の銘をもつ十三重石塔などもある。山桜や白い彼岸花が美しく咲き乱れる。門前には、樹齢950年といわれている根周り約8mもあるモチヅキザクラの古木があり、春には石段を覆うように咲き誇る、県指定天然記念物となっています。見ごろ:4月中旬。

    目的桜花見
    最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約60.6km) Google Transit

    レビュー (0)