忠犬ハチ公

東京都の観光情報


忠犬ハチ公3.7

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

忠犬ハチ公とは、死去した飼い主の帰りを東京・渋谷駅の前で7年間のあいだ待ち続けたという美談で知られる犬である。犬種は秋田犬で、名前はハチ。ハチ公の愛称でも呼ばれる。渋谷駅前にはハチの銅像が設置されており、この「忠犬ハチ公像」は渋谷のシンボルともなっている。ハチの飼い主は東京都渋谷区に住んでいた大学教授・上野英三郎であった。彼は大変な愛犬家であり、出かけるときには渋谷駅までハチを伴うことも多かった。しかしながらハチを飼い始めた翌年にあたる1925年(大正14年)に上野は急死した。上野の死後も渋谷駅前で毎日故主の帰りを待ち続けたハチの姿は、新聞記事として紹介され人々に感銘を与え、「忠犬ハチ公」と呼ばれるようになった。

目的暇なら寄ったら?,観光名所,超メジャー
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約14.4km) Google Transit

レビュー (0)