モエレ沼公園

北海道の観光情報


モエレ沼公園2.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

広大な面積を持った、札幌を代表する公園のひとつ。基本設計は世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチが担当しており、公園全体がひとつの彫刻として造成されている。園内のサクラの森には、遊具を囲むようにエゾヤマザクラなど約2600本が植えられ、開花シーズンには大人も子供も楽しめるお花見スポットとなる。見ごろ:5月上旬~5月中旬。

目的桜花見
最寄りの空港/駅新千歳空港 (約42.8km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

ゴールデンウィークに旅行で訪れました✈️
かなり広大で、自転車はレンタルしたほうがいいです。回りきれない〜!

現地まではレンタカー借りて向かいました。
駐車場も広いのでその点は心配なし。

雨宿りはできるところがすくないので、天気がいい時に行くことをお勧めします。

5.01 か月前

個人的には、一番気に入っている大きな都市公園です。
イサムノグチ設計の都市公園として有名ですが、都市公園として素晴らしいと思います。そして、その維持管理されている札幌市の公園整備に驚いています。
一際大きく見える、人口の山であるモエレ山、その半分の高さのプレイマウンテン、周囲の白樺の林、広々とした芝生が気持をゆったりとさせてくれます。子供用遊具や夏にはビーチなども設置されています。
周囲約5.5kmほどのモエレ沼の中の作られた公園ですが、園内に3.6kmほどの周回道路はランニングやサイクリングコースとして最適な様です。また、野球場、テニスコート、陸上競技場といったスポーツ施設、春から秋は自転車、冬は歩くスキーやスノーシュー、ソリなどのレンタルもあり、身体を動かすのを目的に訪れるのもいいと思います。
中心施設のガラスのピラミッドにはイサムノグチギャラリーやレストランがあり、休憩するにはいい場所です。
広大な施設ですが、飲食設備はあまり無いので、その点は注意が必要です。夏季はP1~P4まで1500台以上の駐車スペースを持ちますが、冬季はP2の100台のみとなります。同じく、夏季はモエレ沼公園まで中央バスが運行していますが、冬季は園外にあるモエレ沼公園東口からのみのアクセスとなるので、注意が必要です。

4.01 週間前

札幌の中心部から地下鉄とバスを乗り継いで1時間。最寄りのバス停(モエレ沼公園東口入口)からも歩いて10分かかる。それでもイサム・ノグチが設計したガラスのピラミッドやモエレ山が目に飛び込んでくると、その迫力に圧倒され、疲れも吹っ飛ぶ。
行った時期が12月の夕方だったので、広大な敷地を全部回ることはできなかったが、イサム・ノグチがこの公園に込めた思いや経歴などを作品に触れながら学ぶことができる。次は雪のない時期に自転車で回りたい。

4.03 週間前

訪問は11月初旬。
最寄りのバス停一つ前の車庫止まりのバスで行きました。
公園内のレストランが目的地。
東京なら電車二駅ぶん位の距離。広くて広くてびっくりしました。
北風がまあまあ吹く中だったけど、軽く汗をかいた感じで風が気持ちよく感じられました。
空が広い。
ほんとに広い。
他のお客さんたちは車で来てるみたいでした。
お酒を飲む予定だったからバスで来たけど、帰りは公園すぐ横の東口バス停から乗れて助かりました。
今度は初夏に来て寝っ転がりたいです。

5.03 週間前

広大な公園です。

駐車場がこまない早い時間に行って、自転車を借りて回るのがおすすめです。

山があるのですが、頂上からの景色は最高です。

噴水のショータイムや、夏はモエレビーチや花火大会、冬はノルディックスキーの貸し出しやソリ大会などイベントもあります。

あとソフトクリームおいしいです。

レビュー (0)