定山渓温泉

北海道の観光情報


定山渓温泉4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

札幌の中心部から約25キロメートル、年間約120万人が宿泊する、道内でも人気の温泉地。
約140年前に修行僧・美泉定山が発見し、古くから札幌の奥座敷として親しまれてきたいで湯。
豊平川の渓谷沿いに近代的な宿が建ち並び、夏の新緑、秋の紅葉の時期の景観はことさら美しい。
泉質はナトリウム塩化物泉で、源泉は56ヵ所、60~80℃の湯が毎分8,600ℓも湧き出す。
町なかの定山源泉公園には、豊富な自然の中に足湯、手湯、ひざ湯などが整備され、温泉卵を作るコーナーなどもあり楽しめる。
温泉街にはこの公園以外にも手湯や足湯を楽しめるスポットが点在している。
一方で定山渓は景勝地としても有名だ。
白糸の滝、湯の滝、舞鶴の瀞など、四季折々に美しい景色に出会える。

交通:札幌駅、大通、すすきの発の送迎バス「かっぱライナー号」が1日13便運行中(要予約)。

目的アクセス良好,健康になる,大自然,家族向け,日本の冬を感じる場所,温泉,紅葉
最寄りの空港/駅札幌駅 (約18.5km) Google Transit

レビュー (0)