上賀茂神社

京都府の観光情報


【世界遺産】上賀茂神社4.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都北部の加茂川近くにある7世紀に遡る神社で、日本最古の神社の1つ。祀られている雷神は大自然の力を支配し、災厄を祓う神として崇められている。3キロメートル下流にある下鴨神社とともに古代氏族の賀茂氏の氏神を祀ったもの。両神社で祝う5月の葵祭がとても有名だ。

細殿の前にある円錐形に盛られた2つの砂盛は、神々が降臨した神山を模したもので、浄め塩の起源とされている。境内には2つのせせらぎが流れ、昔ながらの日本の風景を見ているような気持ちになる。北大路駅から2.5kmの散歩を楽しみたい人は、京都府立植物園近くの「半木(なからぎ)の道」を辿るのがお奨めだ。桜の季節は800mの花のトンネルをくぐり抜けることになる。神社の前で名物の「焼き餅」を買うことをお忘れなく。

目的シニア向け,スリル満点,世界遺産,日本についての知識プロ向け,男性好み,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約41.3km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

山城国の一の宮であり、全国的にみても別格待遇の神社です。テレビのロケや有名人もよく訪れます。お薦めは第四週目の日曜日です。手作り市が開催されており、200を越えるお店(パン・陶器・アクセサリー・小物など)で大変賑わいます。藤原紀香さんと片岡愛之助さんが式を挙げた神社として有名です。境内には川が流れており、そばの芝生に腰をおろしてランチを楽しむ人も多いです。近くにはうどん・そばの店や名物の餅を売る店もあります。京都駅から市バス4号系統一本でいけます。バス停は神社の敷地内?です。ゆえに、便利です。

5.01 か月前

賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は、京都市北区にある神社。通称は上賀茂神社(かみがもじんじゃ)。式内社(名神大社)、山城国一宮、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。

ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている。

概要

高札所、一の鳥居
京都最古の歴史を有する一社であり、かつてこの地を支配していた古代氏族である賀茂氏の氏神を祀る神社として、賀茂御祖神社(下鴨神社)とともに賀茂神社(賀茂社)と総称される。賀茂社は奈良時代には既に強大な勢力を誇り[1]、平安遷都後は皇城の鎮護社として、京都という都市の形成に深く関わってきた。賀茂神社両社の祭事である賀茂祭(通称 葵祭)で有名である。また、社報「上賀茂」が年2回発行されている。

祭神
賀茂別雷大神 (かもわけいかづちのおおかみ)
歴史
創建については諸説ある。社伝では、神武天皇の御代に賀茂山の麓の御阿礼所に賀茂別雷命が降臨したと伝える。

『山城国風土記』逸文では、玉依日売(たまよりひめ)が加茂川の川上から流れてきた丹塗矢を床に置いたところ懐妊し、それで生まれたのが賀茂別雷命で、兄玉依日古(あにたまよりひこ)の子孫である賀茂県主の一族がこれを奉斎したと伝える。丹塗矢の正体は、乙訓神社の火雷神とも大山咋神ともいう。玉依日売とその父の賀茂建角身命は下鴨神社に祀られている。国史では、文武天皇2年(698年)3月21日、賀茂祭の日の騎射を禁じたという記事が初出で、他にも天平勝宝2年(750年)に御戸代田一町が寄進されるなど、朝廷からの崇敬を受けてきたことがわかる。

延暦13年(794年)の平安遷都後は、皇城鎮護の神社としてより一層の崇敬を受け、大同2年(807年)には最高位である正一位の神階を受け、賀茂祭は勅祭とされた。『延喜式神名帳』では「山城国愛宕郡 賀茂別雷神社」として名神大社に列し、名神祭・月次祭・相嘗祭・新嘗祭の各祭の幣帛に預ると記載されている。弘仁元年(810年)以降約400年にわたって、伊勢神宮の斎宮にならった斎院が置かれ、皇女が斎王として奉仕した。

明治の近代社格制度でも伊勢神宮に次ぐ官幣大社の筆頭とされ、明治16年(1883年)には勅祭社に定められた。

4.01 週間前

お天気の良い秋の祝日、広い敷地のあちらこちらで紅葉がきれいです。

あちらこちらで和装の新郎新婦や七五三のご家族が記念写真を撮っていて、日本人であることを思い出すほのぼのする午後でした。

人混みでごった返す観光地に比べて割とゆったりと過ごすことができて良いですね(^-^)

白い馬がいるのにはびっくりしたけど、大人しそうな落ち着いた馬です。

紅葉の名所と呼ばれる比較的小さなお寺などに比べて全体がゆったり配置されているので落ち着いて眺めたり写真を撮ったりできるのも高得点でした。

5.0過去 1 週間以内

言わずと知れた上賀茂神社ですが、本殿のところで受付をする特別参拝をするのを大変オススメします。神職さんが神社の由来や建物について詳しく説明してくださるだけでなく、普通の参拝では入れない奥のところから本殿、権殿を参拝できます。

さらには、屋根の檜皮葺のふきかえ工事の現場に足場を上って見学できるのはかなり貴重な体験になります。工事が終われば次回はかなり先になるようなので、是非今のうちにどうぞ!

5.01 か月前

今日結婚式がありました!おめでとうございます✨紅葉が始まりました。秋には紅葉と川のせせらぎと黄色紅葉🍁❗️癒やしでしょう。トイレがとても綺麗で大きく気持ちいいと思います。ただいま、一部工事中ですよ。焼き餅も美味しいですよ(*´∀`)♪

レビュー (1)

X10

京都市内が少し遠いです。しかし、訪れる価値のある Shimos 神社と一緒に。

京都市内が少し遠いです。しかし、訪れる価値のある Shimos 神社と一緒に。


It is a little bit far although within Kyoto City. But along with Shimos Shrine worth visiting.

続き閉じる

すべてのレビュー

旅行プラン

ガイドツアー上賀茂神社(1日)