大峯山寺

奈良県の観光情報


【世界遺産】大峯山寺3.8

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

大峯山寺(おおみねさんじ)は大峯山(1719m)の山頂にあり、奈良県南部の山岳地帯に位置する。仏教の修験道のお寺で、7世紀の建立以来、女人禁制を貫いている。一般公開は毎年5月3日から9月26日までで、洞川(どうかわ)温泉から登山路で4時間を歩く。このお寺と周辺地域は宗教的な聖域であり、ユネスコ世界遺産として登録されている。

目的世界遺産,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約67.2km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

女人禁制の数少ない山、山上ヶ岳の頂上にあります。
中の雰囲気は厳かそのもの。お坊さんがこの山と寺のエピソードを紹介してくれるので、予備知識が無くても楽しめる点も良いです。
道中は修験者が沢山いるので挨拶忘れずに!

5.01 週間前

日本で唯一の女人禁制の山です。こういう伝統を守るのも必要だと思います。
あいにくの天気でしたが修行の山なので、これはこれで楽しみました。最強の御守、九重御守も手に入れました。

5.0過去 1 週間以内

女人禁制のパワースポット。1300年の歴史があり、修験道に触れれます。

4.01 か月前

女人禁制なので、私は登拝出来ませんが
素晴らしい場所だと思います。
厳しい修験道をされる方々にも頭が下がります。山岳信仰は本当に凄いです。

5.03 週間前

古代より連綿と受け継がれてきた神聖な場所です。

レビュー (0)