熊野本宮大社

和歌山県の観光情報


【世界遺産】熊野本宮大社4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、熊野巡礼の最終目的地である3つの神社の1つで、全国3千社におよぶ熊野神社の総本山だ。もともとの神社は川の近くの聖地に建てられていたが、1889年の大洪水で破壊されたため、現在の新しい建物が500m離れた場所に建てられた。旧社地には2000年に日本でもっとも高い34mの鳥居が建てられ、千年以上の伝統をもつ旧神社への思いを募らせてくれる。

巡礼の旅を体験してみたい人は、発心門王子(ほっしんもんおうじ)までバスに乗り、そこから巡礼の最終区間の7kmを歩いてみるとよい。途中には見晴らし台があり、旧社地を取り囲む森の広がりを眺めることができる。巡礼で疲れた足は、温泉で休めてほしい。近場に、湯峰(ゆのみね)、川湯(かわゆ)、わたせ、という3つの温泉がある。

目的世界遺産,日本の秘境,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約82.3km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

熊野本宮大社をようやく訪ねることができた。熊野三山のうちここだけは、なかなか行けなかった。行ってみてその訳が分かったが、新宮から車で片道40分ほどかかる。これでは一般のコースには入れにくいだろう。鳥居をくぐり参道を上る。高地に遷宮したのは、水害を逃れるためではなかつたか。上りきると八咫烏を描いた幡が出迎えてくれ、須佐男命、天照大神などを祀っている境内は、余計なものがなくいたって素朴だ。なんでもお詣りする順番があるとのこと。左から3ー2ー1ー4の順に手を合わせる。帰りに祓戸大神にお詣りし、鳥居の前で餅を買って帰る。

5.01 か月前

厳かな雰囲気が漂っている神社ですが、やはり熊野川がそばを流れており、古来から信仰を集めてきたというのが理解できます。
が、いかんせんたどり着くのが大変です。逆に、簡単に来られない場所だからこそ、信仰を集めてきたのでしょう。
この本宮大社のそばの売店で、初めてでしたが那智黒飴を購入しました。
これを嘗めながら熊野三社巡りをするのもいいものです。

5.0過去 1 週間以内

世界遺産、熊野三社の一社。駐車場有。台風、洪水などの災害の為、大斎原のあったところから現在の場合へ移られました。鳥居をくぐり石段を登ると圧倒的存在感で熊野権現さまのパワーを感じとることが出来るお社が威風堂々鎮座されています。大斎原、産田社の御朱印もこちらで頂けます。是非、他の2社、熊野速玉大社、熊野那智大社と熊野古道をセットで訪れて下さい。

5.03 週間前

熊野三山 修行で訪れる人、感謝をする為に訪れる人、お願いをする人。色んな人々に愛されてる神社だと思います。お天気も良く気持ちよく参拝ができました。台風の後でいつもより参拝者が少ないかなっとおもいました。車での移動をおすすめします。

5.01 か月前

朝鮮時代では幸運の三足烏が有名ですが、こちらは八咫烏(やたがらす)として祭ってあります。
境内には八咫烏の郵便ポストもありフォトスポットにもなっています。
八咫烏は、サッカー日本代表のユニフォームのイメージキャラクターにもなってますので、関心のある方は調べてみてくださいね!

レビュー (0)