熊野本宮大社

和歌山県の観光情報


【世界遺産】熊野本宮大社4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、熊野巡礼の最終目的地である3つの神社の1つで、全国3千社におよぶ熊野神社の総本山だ。もともとの神社は川の近くの聖地に建てられていたが、1889年の大洪水で破壊されたため、現在の新しい建物が500m離れた場所に建てられた。旧社地には2000年に日本でもっとも高い34mの鳥居が建てられ、千年以上の伝統をもつ旧神社への思いを募らせてくれる。

巡礼の旅を体験してみたい人は、発心門王子(ほっしんもんおうじ)までバスに乗り、そこから巡礼の最終区間の7kmを歩いてみるとよい。途中には見晴らし台があり、旧社地を取り囲む森の広がりを眺めることができる。巡礼で疲れた足は、温泉で休めてほしい。近場に、湯峰(ゆのみね)、川湯(かわゆ)、わたせ、という3つの温泉がある。

目的世界遺産,日本の秘境,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約82.3km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

あまり調べずに訪問したが、予想外に良かった。
スサノオノミコトを祭る熊野本宮大社は、世界遺産の熊野三山のひとつで、由緒ある茅葺きの社殿と日本一の大鳥居をお詣りしました。特に、紀元前から熊野川の中州にあった社殿が、明治22年の大洪水で大きな被害を受け、本殿はじめ主要な社殿が現在の場所に移築されました。
また、日本サッカー協会のシンボルとしても有名な、八咫烏(やたがらす)も祭ってあります。神武天皇が奈良の橿原に都を移されて初代天皇として即位される時に、八咫烏が熊野から奈良までの道案内をしたことから「導きの神鳥」として信仰されるようになったと知りました。

5.0過去 1 週間以内

サッカー関係者が良く訪れるみたいです。
八咫烏の絵が印象的でした。
かなり山奥にある世界遺産ですが、行く価値ありますよ。近くを流れる川が綺麗な事!
びっくりして思わずパシャリ‼︎
こんなに綺麗な色した川があるんだと驚きました。

5.01 か月前

2018年3月参拝。河川敷の駐車場に車を置いてバスで「発心門王子」へ行き、そこから熊野古道を約3時間歩いて本殿の裏側から戻って来ました。古代から熊野詣での人たちが何週間も険しい山道を越えてここに辿り着いた時の喜びは格別だったに違いありません。河原近くの大斎原がまた立派です。

4.02 週間前

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、和歌山県田辺市本宮町本宮にある神社。熊野三山の一つ。家都美御子大神(けつみみこのおおかみ、熊野坐大神〈くまぬにますおおかみ〉、熊野加武呂乃命〈くまぬかむろのみこと〉とも)を主祭神とする。古代から中世にかけて、神職はニギハヤヒの後裔で熊野国造の流れを汲む和田氏が世襲し、平安時代には式内社(名神大社)に列せられている。平安時代の末期には鳥羽上皇、後白河法皇、後鳥羽上皇などが幾度も熊野三山に足を運び、大いに賑わっている。

5.02 か月前

早朝で本殿まで行けなかったですが、良い雰囲気でした。

レビュー (0)