熊野古道

和歌山県の観光情報


【世界遺産】熊野古道4.7

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

過去千年以上にわたり、上流階級の人々も一般の民衆たちも、関西の南部山地の奥地を目指して巡礼を続けてきた。京都や伊勢から辿る巡礼路のネットワークは、今日、熊野古道として知られており、この地域にある数々の世界遺産を結ぶ重要な役割を演じている。巡礼路が世界遺産登録される例は、熊野古道のほかには、欧州の「サンチアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」がある。

巡礼の目的地は、本宮大社、速玉(はやたま)大社、那智大社という熊野の3つの大社だ。この地域は原生林の森が広がり、山々や谷が連なり、有史以前からの山岳信仰の場所として神聖な雰囲気を称えている。熊野地域は日本で有数の豪雨地帯であるため、浸食を防ぐため、巡礼路の大半に畳石(たたみいし)が使われているのが特徴だ。

目的シニア向け,パワースポット,世界遺産,体験,健康になる,大自然,女性好み,家族向け,山登り,日本の秘境,温泉,男性好み,神社・寺,私は芸術が好きだ,紅葉
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約103.9km) Google Transit

レビュー (0)