熊野速玉大社

和歌山県の観光情報


【世界遺産】熊野速玉大社3.9

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野速玉大社は、熊野三山のひとつとして全国に祀る数千社の熊野神社の総本宮です。今から約二千年ほど前の景行天皇五十八年の御世に、熊野三所権現が最初に降臨せられた元宮である神倉山から現在の鎮座地にお遷りになり、これより神倉神社の『旧宮』に対して『新宮』と号したと古書にみえます。 御祭神は、熊野速玉大神(いざなぎのみこと)・熊野夫須美大神(いざなみのみこと)を主神に、十二柱の神々を祀り上げ新宮十二社大権現として全国から崇敬を集めています。

目的お祭り大好き,世界遺産,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約103.9km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

熊野三社参拝で訪れました。
ここの御神木のナギは、大切な縁を引き寄せ、そして強くしっかりと結んでくれるそうです。

こちらのナギの葉をいただき、大切にしています。

鮮やかな色の美しい参詣曼荼羅をみていると、心も明るくなりました☆

5.02 週間前

熊野三山のなかでは、駐車場からすぐにお詣りが出来ます。この地方は弁慶さんの伝説が残っているので、境内に弁慶さんの像があります。日本サッカー代表のエンブレムになっているやたがらすのお社もあります。やたがらすが三本足なのは、人間は二本足・動物は四本足、人間でもなく動物でもない神を表すので、三本足とガイドさんから聞きました。熊野三山はやたがらすをお守りしているので、どこに行ってもやたがらすを見かけます。サッカーファンの方は、一度熊野三山を訪れてみてはいかがでしょうか❗

4.02 週間前

国宝要無形民俗文化財 熊野速玉大社
熊野夫須美大神(イザナミノミコト)
熊野速玉大神(イザナギのミコト)
大自然の恵みと驚異は、古代の人々の心に「恐れ」と気高く聖なる者への「畏れ」、「感謝」の念を生み出していきます。森羅万象の営みに、神の存在を確信した古代人の原初体験が、熊野信仰の原点であります。

4.01 か月前

大自然の恵みと驚異は、古代の人々の心に「恐れ」と気高く聖なるものへの「畏れ」「感謝」の念を生み出し、森羅万象の営みに、神の存在を確信した古代人の原始的体験が、熊野信仰の原点である。難行の果てにあるもの・・・それは迷わず人生の再出発を踏み出すための勇気と覚悟の加護であり、熊野速玉大社が「甦りの宮」と信仰される由縁である。『熊野は生きる力をもう一度いただく甦りの地』

5.01 週間前

山の上のゴトビキ岩を御神体とする元宮の神倉神社に対して新たな社殿を作って新宮と呼ぶようになりました。天然記念物の国内最大とされる推定樹齢1000年以上のナギの大樹があります。

レビュー (0)