熊野速玉大社

和歌山県の観光情報


【世界遺産】熊野速玉大社3.9

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野速玉大社は、和歌山県にある熊野三山のひとつとして全国に祀る数千社の熊野神社の総本宮です。
神倉山にあった元宮に対して現在の社殿を新宮とも呼びます。今から約二千年ほど前の景行天皇五十八年の御世に、熊野三所権現が最初に降臨せられた元宮である神倉山から現在の鎮座地にお遷りになり、これより神倉神社の『旧宮』に対して『新宮』と号したと古書にみえます。
御祭神は、熊野速玉大神(いざなぎのみこと)・熊野夫須美大神(いざなみのみこと)を主神に、十二柱の神々を祀り上げ新宮十二社大権現として全国から崇敬を集めています。
境内にそびえる樹齢千年のナギの大樹は平安末期に熊野三山造営奉行を務めた平重盛(平清盛の嫡男)が植えたものと伝えられ、梛としては日本最大です。国の天然記念物に指定されています。
敷地内には神宝館があり、熊野速玉大社に伝わる室町時代を中心とした中世の国宝神宝類凡そ1200点を所蔵、その一部を展示しています。そのほとんどが国宝に指定されている。

目的お祭り大好き,世界遺産,観光名所
最寄りの空港/駅新宮駅 (約1.3km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

熊野三山の一つで主祭神はイザナギノミコト。
本地仏は薬師如来です。
鮮やかな朱色の建物が特徴的で境内には推定約1000年の日本最大のナギの御神木もあります。
駐車場は無料で、混雑している時は熊野川の河川敷にも停めれます。
神倉神社の御朱印もこちらで頂けます。

5.01 か月前

令和2年 皇紀2680年 西暦2020年3月25日

はじめての熊野三山巡り、熊野本宮大社のあとに参拝した。
本宮大社に居た午前10時ころは風が無く、とても暖かい快晴の天気だったが、
速玉大社につくと風が思いのほか強くなっていた。
本宮大社がある山奥と、海に近い速玉大社では気候が違うんのだろう。

駐車場に車を停めると、そのまま境内に入れるが、僕は鳥居をくぐりたかったのであえて駐車場から歩いて遠回り。

境内には大きなナギの木がある。お社は朱色に塗られていて美しい。

4.01 か月前

自然崇拝からはじまりました。

熊野三山の中でも、もっとも早くに熊野権現の称号を賜ったといわれています。

日本第一大霊験所の勅額を奈良時代、孝謙天皇の御世に一番に熊の権現の称号を賜ります。

熊野速玉大神は薬師如来とされており、病気や苦しみを癒すご利益があるといわれています。

5.02 か月前

駐車場横が境内なので便利ですが、鳥居は少し離れた場所にあるので要注意。宝物館前の銅像がカッコ良かった。本殿は熊野三山の一社、那智大社と同じく朱色の立派な造りで、幟も迫力あり見応えあります。境内社の新宮神社にも是非とも参拝してほしいです。

5.05 か月前

熊野三山巡りの最後にお参りしましたよ😃鮮やかな朱色の鳥居と社殿が、印象的だね☺️清々しい心地になるよね。2回目の熊野三山巡りも、無事終わったよ。それぞれのお社で、御朱印をいただきました。そして、神武天皇が東征の祭に、道案内をしたという八咫烏(やたがらす)の御神符も、それぞれのお社でいただきました。御利益があると良いなぁ😆額に入れ、居間に掲げていますよ😉
どこも、良かったなぁ😆3回目に挑戦したいな😵

レビュー (0)